森林整備・木材利用等に係る埼玉県知事及び埼玉県議会議長への要望を行いました

11月13日(金)

林業対策協議会要望
 昨日、西川地域林業対策協議会の会長として、森林整備の推進や県産木材の利用拡大などについて、埼玉県の大野知事及び埼玉県議会の田村議長に要望してまいりました。
 森林は、木材生産だけでなく、水源かん養や県土の保全、地球温暖化の防止等、県民全体の生活に深く関わっており、森林を大切に守り、育てていくことは非常に重要です。しかし、森林・林業を取り巻く環境は、依然厳しい状況です。昨年、森林環境譲与税が導入されましたが、都市部の自治体では有効に活用されていない実態があります。
林業対策協議会要望
 上流域の山間部では、森林整備によって森林を健全に保全し、人々の生活や生産活動など社会経済基盤として不可欠な貴重な水源を守るとともに、水害の発生を防ぐなど下流域の都市部の安心安全な日々の暮らしを支えています。私からは、県の働きかけによって、上流域と下流域の連携を強め、都市部に配分される森林環境譲与税が山間部の森林整備や木材利用に活用されるよう、強く要望させていただきました。
 今後も水源地を持つ上流域の自治体の責務として、埼玉県のご支援をいただきながら、森林整備や地元西川材の利用促進に積極的に取り組み、森林機能の最適化に取り組んでまいります。

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ