全国高等学校選抜ホッケー大会第3位 飯能南高等学校

4月28日(金)

全国高等学校選抜ホッケー大会第3位 飯能南高等学校
 3月24日から29日に開催されました第48回全国高等学校選抜ホッケー大会で、見事第3位に輝きました、飯能南高等学校男子ホッケー部の皆さんがお越しくださいました。
 準決勝では、この大会に優勝した強豪の天理高校に2対1と惜敗しましたが、この度の第3位は、技術・精神力・チームワークともに正に優勝が見える位置に達したという証しであります。夏のインターハイに向けて大きな自信につながったことと思います。この成績に弾みをつけ、是非、優勝旗を飯能市に持ち帰ってください。大いに期待しています。 

古民家レストラン「ぽれぽれ」がオープン!

4月27日(木)

古民家レストラン「ぽれぽれ」がオープン!
 建物入口の大きな大根や野菜の塀が目印の食事と居心地にこだわった古民家レストラン「ぽれぽれ」が、本日、市内赤沢にオープンいたしました。
 先日、オープンに先駆けてお邪魔させていただいたのですが、築110年以上もの建物は情緒あふれる雰囲気で、日常生活を忘れ食事をゆっくり楽しむことができるレストランでした。
 「ぽれぽれ」とは、スワヒリ語で「ゆっくり・のんびり」を意味するそうで、その意味のとおり、じっくり手間をかけた洋食ベースのオリジナル料理を提供いただけるとのことです。
古民家レストラン「ぽれぽれ」がオープン!
古民家レストラン「ぽれぽれ」がオープン!
  主要な街道沿いにたくさんのお店ができると賑わいが生まれ、地域の活性化にもつながることにもなりますので、今回のお店のオープンをとてもうれしく思っております。自然豊かな緑と清流の飯能をたくさんの方々が訪れていただけることを期待しています。 

墨田区の山本区長にお会いしました!

4月26日(水)

墨田区の山本区長にお会いしました!
 昨年、本市の飯能まつりにもお越しくださいました、墨田区の山本 亨区長にお会いし、本市へのふるさと納税の返礼品として墨田区の工芸品「薄張りタンブラ ー」をはじめ、大変人気の高い品をご提供いただいていることに対しお礼を申し上げました。
 新年度を迎え、新たな組織体制により今まで以上に墨田区との産官民交流がなされ、観光振興と経済発展に繋がることを期待しています。 
 墨田区に昨年オープンした「すみだ北斎美術館」では、開館記念展として「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」を開催しています。
 過日、私も観覧させていただきましたが、北斎ファンにはたまらない美術館です。
 このゴールデンウイークには、知られざる葛飾北斎の名品をご覧になられてはいかがでしょうか。   

第2回 Fun Trails Round名栗トレイルランレース

4月25日(火)

第2回 Fun Trails Round名栗トレイルランレース
 標高差1,094mの山岳コースを制限時間7時間で走破する「第2回 Fun Trails Round名栗トレイルランレース」が開催され、スターターをさせていただきました。
 北海道から沖縄県までの約700人のアスリートが集結し、さわらびの湯前をスタート/ゴールとする全行程25.6kmで競われました。スタート直後に一気に駆け上り、棒ノ嶺(969m)・日向ノ峰(1,356m)・有間峠(1,149m)・有間山(1,210m)・蕨山(1,044m)へ、その累積標高は1,900mに及びます。急峻なアップダウンの続く山岳コースは正に自分との闘いです。
 都心から近く変化に跳んだコースと地元の名物を味わい、自然を感じられることも名栗トレイルランレースの魅力ということです。レース後は、コースを見回りし、整備するなど元通り以上に戻すという徹底した姿勢にもとても感激しました。 
第2回 Fun Trails Round名栗トレイルランレース

交通指導員の皆さんが「交通安全教育技能コンクール県大会」において優勝されました!

4月24日(月)

交通指導員の皆さんが「交通安全教育技能コンクール県大会」において優勝されました!
 先日行われた「交通安全教育技能コンクール県大会」において優勝された交通安全指導員の皆さんが報告にお越しくださいました。
 近頃、社会問題ともなっている高齢者の運転技術や免許証返納にスポットをあてた寸劇を、仕事に家庭にと忙しい日々の中にもかかわらず、小道具にもこだわり、熱演を披露され、素晴らしい成績をおさめていただいたことに感激いたしました。
 11月には、関東管区大会も控えられているとのことで、指導員の山岸さんからは「頑張って良い成績をおさめたい」との力強い言葉をいただき、私からも激励させていただきました。
 交通安全指導員の皆さんにおかれましては、日頃より子ども達の登下校の見守りや交通安全教室の実施など、飯能市の交通安全に大きく貢献いただいており感謝申し上げます。今後の皆さんの益々のご活躍を期待しております。 
交通指導員の皆さんが「交通安全教育技能コンクール県大会」において優勝されました!

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」内覧会に行ってきました!

4月21日(金)

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」内覧会に行ってきました!
 西武秩父駅前に秩父名物“祭”をコンセプトにした複合型温泉施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」の4月24日(月)のオープンに先駆け、内覧会が行われました。
 高濃度人口炭酸泉の男湯5つ・女湯6つの内湯と男女それぞれ4つの露天風呂を備え、秩父の美しい自然を眺めながら温泉と「フードコート」では秩父名物のわらじかつ丼やホルモンを堪能できます。
 また、西武秩父駅側の入り口から入ったところにあるお土産ゾーンは、昔の仲見世通りを彷彿させる感じです。
 本市と秩父市は「西武線沿線サミット」でも連携を密にしており、この施設のオープンによる観光客の流入により、沿線自治体の賑わいや活性化を期待しております。
「西武秩父駅前温泉 祭の湯」内覧会に行ってきました!
「西武秩父駅前温泉 祭の湯」内覧会に行ってきました!

横浜市中区長にお会いしました!

4月20日(木)

横浜市中区長にお会いしました!
 昨日、横浜市中区前三上区長の後任として、4月1日に就任された新区長、竹前 大(たけまえ まさる)氏にお会いしてきました。偶然にも私と同じ名前で、他人とは思えないご縁を感じたところです。
 竹前区長から「自分のデスクに飯能の西川材で作られたネームスタンドがあり、友好都市・飯能をいつも身近に感じています。是非、飯能へお邪魔したい」とのお言葉をいただきました。
 私からは、「今までよりも更に深い交流により、互いの良いところをもってして区民、市民の幸せに尽くしていきたい。また、横浜市民の楽しみを倍増できる飯能市にしていきたい」とお伝えし、今まで以上に強い絆を深めてしていくことを約束いたしました。 
横浜市中区長にお会いしました!

駿河台大学寄附講座

4月19日(水)

駿河台大学寄附講座
 本市は、駿河台大学との連携の取組の一環として、平成27年度から、同大学法学部の授業である「寄附講座」に本市の管理職職員を講師として派遣しています。 
 この講座は、受講する学生のほぼ全員が公務員志望ということもあり、講師を務める職員は、若い皆さんの輝く未来に思いを巡らしながら毎回真剣勝負で臨んでいます。
 今年度の開講にあたり、約50名の学生を前にご挨拶をさせていただくと、私の話にしっかりと耳を傾けている学生の皆さんの表情からは、誠実さと熱い思いが十分に伝わってきました。数年後、社会人となった時に持てる力を遺憾無く発揮できるよう、今の気持ちを大切にして着実に前進されることを切に願っています。
 なお、この講座は「地域行政と法」という主題の下、全15回の内容で、うち10回を9名の市職員が担当します。 

「飯能市鳥獣被害対策隊」任命式

4月18日(火)

「飯能市鳥獣被害対策隊」任命式
 本日、増え続ける鳥獣被害に対し、対策の基本となる①個体数を減少させる「捕獲」、②鳥獣を寄せ付けない「環境整備(生息環境管理)」、③被害を防ぐ「防除」の3つの取組を柱として、市職員による「飯能市鳥獣被害対策隊」を結成いたしました。
 大勢の市職員が自ら鳥獣被害に立ち上がってくれたことは、飯能市政に対する職員の熱い思いや取組を物語っています。
 鳥獣被害に負けるような飯能市であってはなりません。この地域を、そして飯能市民を守るという気持ちが皆さんの今の顔に表れています。被害地域に出向くだけでなく、地域の皆さんに温かみを届けていただき、鳥獣被害に強い飯能市を創っていただきたいと思います。 
「飯能市鳥獣被害対策隊」任命式

「春のお散歩マーケット」が開催されます!

4月17日(月)

春のお散歩マーケット」が開催されます!

 毎年恒例、春のエコツアーとして5月7日(日)に「春のお散歩マーケット」が開催されます。
 黒指と細田地区の家々の軒先には、季節の農産物や手作り品などが並べられ、集落内の道を歩きながら、買い物や地域の方々とのおしゃべり、触れ合いを楽しむことができます。
 春の山々の景色を楽しみながら、ゴールデンウイークの行楽にいかがでしょうか。是非、たくさんの皆さんにお越しいただきたいと思っております。  
春のお散歩マーケット」が開催されます!
※春のお散歩マーケットの詳細は、右のページをご覧ください。→「春のお散歩マーケット」

郷土館収蔵品展「絹の里のうちおり」

4月14日(金)

郷土館収蔵品展「絹の里のうちおり」
 昨日、郷土館で行われている収蔵品展「絹の里のうちおり」と新収蔵品展を見てまいりました。
 「うちおり」とは、農家の女性が自家用に織った織物のことです。飯能市はかつて絹織物がたいへん盛んな地域であり、町の中に織物を織る機械の音がよく聞かれましたし、私も親戚が矢颪で機屋(はたや)を営んでいたので、子どもの頃によく遊びにいきました。織物は小さな頃からなじみのあるものだったのでとても懐かしく感じました。
 展示してある着物は女物ですので、色味も華やかなものが多く、特に薄い紫色をした夏物の着物が目を引きました。周囲の人たちに夏の暑さを忘れさせるような、今にも活かせるデザインです。
 改めて先人が遺してくれたもののすばらしさを感じることができました。

  展示期間   5月14日(日) まで 
         9:00~17:00
        ※休館日:毎週月曜日・5月6日(土) 
  会  場  郷土館特別展示室・展示ホール

駿河台大学大学院委託生

4月13日(木)

駿河台大学大学院委託生
 本市では、駿河台大学との連携の取り組みの一つとして、同大学が開設している大学院総合政策研究科に職員を委託生として参加させています。
 この研究科では、「埼玉県西部地区のまちづくりについて考える」をテーマに、週1回、90分の授業を全15回、12名の先生方に専門の視点から直接にご指導いただきます。
 このたび、平成28年度後期課程に参加した職員2名から修了報告がありました。また、今月からは、平成29年度前期課程に2名の職員を参加させます。
 最高の学び舎で学ばせていただけることに感謝し、そこで得た知識を組織のエネルギーとして、しっかりと仕事に生かしてまいります。 

落合西光寺双盤念仏が埼玉県無形民俗文化財に指定

4月12日(水)

落合西光寺双盤念仏が埼玉県無形民俗文化財に指定

 このたび、本市の落合に所在する「落合(おちあい)西光寺(さいこうじ)双盤(そうばん)念仏(ねんぶつ)」が「埼玉県無形民俗文化財」に指定されました。
 本日の春季例大祭において、埼玉県無形民俗文化財に指定された「双盤念仏」が奉納されるということで拝見いたしました。
落合西光寺双盤念仏が埼玉県無形民俗文化財に指定

 「双盤念仏」とは、双盤(そうばん)と呼ばれる鉦(かね)と太鼓が相互に掛け合いながら念仏を唱えるもので、息の合った演奏が特徴です。双盤鉦の直径は36㎝、重さは17㎏にもなり、鉦4人太鼓1人の5人で演奏されます。
  地域のみなさんによって守られてきた双盤念仏、これからも幾久しく次世代に受け継がれていくことを願っています。

飯能市社会福祉協議会で講話を行いました

4月11日(火)

飯能市社会福祉協議会で講話を行いました
 平成29年度が始まり、社会福祉法人飯能市社会福祉協議会会長の立場で職員に向け講話を行いました。
 窓の外では桜の花びらが満開を迎えました。力一杯の美しい花を毎年咲かせ、決して八分咲きで終わることはありません。 昨年度、職員の皆さんも様々な挑戦をして来られました。今年度は、この挑戦を現実のものにしてください。80%の力で温存することなく、一人一人が自分の持つ力を100%出しきってください。そして、市民のみなさん、利用者のみなさんに喜ばれ必要とされ微笑んでいただける飯能市社会福祉協議会とするために、原点に戻り組織の体制を見直すと共に自分を見つめ直していただきたいと思います。互いに応援し、力を合わせ、新たな飯能市社会福祉協議会にしていきましょう。 

平成29年度 飯能消防団入団式

4月10日(月)

平成29年度 飯能消防団入団式

 平成28年度途中入団者5名、平成29年度新入団者23名の計28名を迎え、平成29年度飯能消防団入団式が挙行されました。
 新進気鋭のみなさんの入団を心より歓迎いたします。 
平成29年度 飯能消防団入団式

 全国では約86万人の消防団員が、郷土の安全安心のために崇高な任務に当たり、地域に根差した消防団に対する市民の信頼、期待、希望は計り知れません。梨木消防団長の指揮のもと、迅速かつ適切な行動に向けた訓練を重ね、飯能市は飯能消防団が守るという使命感をもって、市民のみなさんが安心して暮らせるまちづくりに尽力されることを願うものです。 
平成29年度 飯能消防団入団式

 なお、入団式に先立ち第6分団1部に「救助資機材搭載型積載車」が配属されました。大規模災害に備えた消防団の救助対応力の向上を目指すものです。

飯能市中学生学習教室「わくわく」委嘱式

4月7日(金)

飯能市中学生学習教室「わくわく」委嘱式
 先日、飯能市中学生学習教室「わくわく」の教室運営補助員16名の先生方に委嘱状をお渡ししました。
 飯能市中学生学習教室「わくわく」は、生活困窮者自立支援制度の任意事業である「子どもの学習支援事業」として平成27年度からスタートし、熱意ある指導により、学習意欲の向上や高校への進学など大きな成果が出ております。
 また、先生方や大学生ボランティアの皆様からも「頑張っている生徒の皆さんの姿から学ぶことが多い」、「机上の学習では得ることのできない貴重な体験ができた」など感想をいただき、改めてこの事業の意義を感じることができました。
 今年度も熱意と経験のある先生方をはじめ、学生ボランティアの協力のもと、効果的な学習による充実した教室となるよう取り組んでまいります。 

「飯能さくらまつり」開催中!

4月6日(木)

「飯能さくらまつり」開催中!
 ここの数日の温かさで市役所の桜も一気に咲き始め、市内の桜も今週末見頃を迎えそうです。
 中央公園では、「飯能さくらまつり」が4月12日まで開催され、夜になるとボンボリが点灯し、幻想的な夜桜の世界が広がります。また、飯能河原でもステージ発表や夜桜のライトアップも実施されます。
 この週末、ぜひお立ち寄りいただき、奥武蔵の春を楽しんでいただきたいと思います。 
「飯能さくらまつり」開催中!
            【市長室からの桜】

新規採用職員に講話を行いました

4月5日(水)

新規採用職員に講話を行いました
 約150人の受験者の中から、飯能市の平成29年度新規採用職員として入職されたみなさんを心から歓迎します。
 これまでに様々な努力を重ね、今日を迎えられたみなさんの喜びはひとしおと思います。今の気持ちを決して忘れることなく、そして常に新鮮な意識を持ち職務に邁進することを期待します。
 私の掲げる大きな目標の一つに「対応日本一の飯能市役所」があります。このことは決して譲ることはできません。市民のみなさんときちんと向き合い、一糸乱れぬ飯能市職員としてのチームプレーをもって「対応日本一の飯能市役所」を目指してください。 
 みなさんが受け持つ仕事全てが、飯能市に欠かすことのできない必要な仕事です。不要な仕事は一つもありません。失敗を恐れずチャレンジし、私のやる気に負けないつもりで取り組んでください。みなさん一人一人の活躍を期待しています。 

飯能日高消防署稲荷分署開署式

4月4日(火)

飯能日高消防署稲荷分署開署式
 平成27年度及び平成28年度の2か年の継続事業で建設を進めて参りました飯能日高消防署稲荷分署の開署式が執り行われました。
 旧稲荷分署は、昭和42年6月に飯能市消防本部・消防署庁舎として消防業務を開始し、48年余りに渡り市民の安全と安心の拠点として寄与して参りましたが、建物の老朽化と耐震性能の点から建て替えとなりました。
 稲荷分署が管轄する地域には、観光施設や工業団地も有することから、今後もより一層の消防体制の充実強化に努め、市民のみなさんの安心、安全な地域社会を築いて参ります。
 また、稲荷分署に併設した飯能消防団本部・第2分団車庫詰所も竣工しました。地域に精通した消防団の拠点として、地域と一体となった消防団活動が期待されます。 
飯能日高消防署稲荷分署開署式

平成29年度がスタートしました!

4月3日(月)

平成29年度がスタートしました!
 新規採用職員21人、派遣職員8人を迎え平成29年度がスタートしました。
 桜は、1年ごとに美しい満開の花を咲かせ、私達の心を和ませ目を楽しませてくれます。市政運営にあたっては、市民のみなさんに暮らしの変化、本市の変化を毎年確実に感じていただくため、1年にとらわれることなく3ヵ月・6ヵ月など所要期間を見極め、スピード感を持って市政運営に取り組むことで成果を上げていきたいと考えております。
 また、日頃より「人口増加なくして飯能市の発展はあり得ない」と思っており、全ての職員の力を傾注して今年度も、常に新鮮な気持ちで大きな汗をかき、みなさんが「飯能市に住みたい」と心から思っていただける日本一のまちづくりに向け、全力で取り組んでまいります。
 なお、平成28年度末で退職・離任された職員には長年に渡り市政発展に向け尽くされたことに感謝するとともに、今後も活躍を期待申し上げます。 

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ