児童センター夏まつり2017

7月31日(月)

児童センターまつり
 29日(土)に児童センター夏まつりが行われ、たくさんの親子連れで大きな賑わいとなりました。
 オープニングセレモニーには、NDA全米オールスター準優勝の飯能高校チアダンス部のダンスが披露され、子どもたちも華麗な動きに釘付けになっていました。
 会場では、ボランティアの方々や駿河台大学の学生がたくさんの催し物を用意していただき、子どもたちは目をキラキラさせながら、絵を描いたり、風船プールで遊んだりと大いに楽しんでいる様子でした。
 ボランティアの皆様には、これまでの準備や当日の運営にご尽力くださり誠にありがとうとうございました。
児童センターまつり

無料小冊子『ことりっぷ飯能さんぽ』

7月28日(金)

無料小冊子『子ことりっぷ飯能さんぽ』
 飯能の魅力と見どころが詰まった観光ガイド『ことりっぷ飯能さんぽ」を小冊子は市内観光案内所、西武鉄道沿線の駅などで無料配布しています。
 『ことりっぷ』は、株式会社昭⽂社が発⾏する旅好きな⼥性のための“週末に⾏く⼩さな贅沢、⾃分だけの旅”をテーマとしたガイドブックで累計発⾏部数1500万部を超える⼈気シリーズです。
 飯能市の特徴や魅⼒などを紹介し、飯能の楽しみ⽅をさんぽや癒しスポット、グルメ、雑貨などさまざまな切り⼝で提案していますので、是非ご覧ください。 
無料小冊子『子ことりっぷ飯能さんぽ』
              無料電子書籍版はこちら →  『ことりっぷ飯能さんぽ』

平成29年度 飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業

7月27日(木)

平成29年度 飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業
 友好都市である茨城県高萩市の高萩市スポーツ少年団の皆さんを本市にお迎えし、平成29年度 飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業が開催されました。
 飯能市スポーツ少年団サッカー部会には9団体が登録されており、今回は選抜された16名が参加し、高萩市スポーツ少年団の皆さんと「サッカー」による交流試合を行いました。
 また、なでしこで戦う女子サッカーチーム「ちふれASエルフェン埼玉」の皆さんも駆けつけ、プロによる技術指導をおこなっていただいたほか、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園、智観寺、名栗カヌー工房の見学やカヌー体験もされ飯能市での二日間をお楽しみいただきました。
サッカー

アンモナイト展 ~古生物と地質学~

7月26日(水)

アンモナイト展 ~古生物と地質学~
 7月10日から31日まで、飯能市市民活動センターでは「アンモナイト展 ~古生物と地質学~」を開催しています。
 市民の皆さんに化石や地質について興味を持っていただくため、埼玉県立自然の博物館に所蔵されているアンモナイトを展示しています。
 夏休みを迎えた22日には、博物館学芸員の北川博道氏による講演「化石の世界」も開催され、多くの子どもたちが参加し興味深く聴き入っていました。入間川の流域では、今から250万年から100万年前に生息していたと言われる「アケボノゾウ」の骨格化石や足跡化石も発見されており、化石を身近に感じることができたことと思います。
 是非ご来場いただき、神秘的なアンモナイトの文様を間近でご覧になるとともに古生代の海の世界を想像してみてはいかがですか。
アンモナイト展 ~古生物と地質学~

飯能河原に新たな名所が誕生します!

7月25日(火)

飯能河原に新たな名所が誕生します!
 本市では、「宮沢湖周辺」・「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」・「飯能河原・天覧山周辺」を結ぶ都市回廊空間の魅力を向上させ、交流人口の増加を図ることで中心市街地の活性化を始め、経済の好循環、経済効果を飯能市全域に波及させるための施策を展開しております。
 この度、この飯能河原に新たな賑わいと異文化を感じさせる「CARVAAN BREWERY&RESTAURANT」が開店の運びとなり内覧をさせていただきました。 
飯能河原に新たな名所が誕生します!
 アラビアンテイストの洋館建築には、世界中から取り寄せられた照明器具をはじめとした調度品の数々が配置され、気品と優雅さ、異国の雰囲気を醸し出しています。
 また、地元で生産された農産物を使用した料理や飯能産ホップや大麦・小麦を使用したビールなど、CARVAANならではの地元の素材にこだわった逸品が提供いただけるとのことでした。 
飯能河原に新たな名所が誕生します!


 本日、25日グランドオープンとなります。四季折々に変化する飯能河原の豊かな自然とともに異国の文化に触れていただきたいと思います。

飯能市立こども図書館 開館20周年記念式典

7月24日(月)

飯能市立こども図書館 開館20周年記念式典
 今月13日に開館20周年を迎えました飯能市立こども図書館の「開館20周年記念式典」が開催されました。
 子どもと子どもの本に関わる人たちのための、全国でも珍しい専門図書館として平成9年7月に開館し、多くの子どもたちを始め子育て家族など44万人もの皆さんに利用されてきました。
 約55,000冊が蔵書され、多くの団体の皆様のご協力をいただき、様々な行事が催されています。
 この度の20周年を新たな門出とするとともに、木の温もりを肌で感じる飯能市ならではの環境の中、本との出会いによって子どもたちの豊かな心が育まれていくことを願うものです。 

インターハイ出場おめでとうございます!

8月21日(金)

インターハイ出場おめでとうございます

 今月29日から山形県で開催されます、男子第80回全国全国高等学校ホッケー選手権大会に出場される飯能南高等学校男子ホッケー部のみなさんと女子第59回全国全国高等学校ホッケー選手権大会に出場される飯能高等学校女子ホッケー部のみなさんがお越しくださいました。
 
インターハイ出場おめでとうございます

 インターハイ出場という大きな切符を手にした両校の選手の皆さんの目はとても輝き、溢れんばかりにみなぎる力が私にも伝わってきました。
 連続13回出場の飯能南高等学校男子ホッケー部、そして、連続10回出場の飯能高等学校女子ホッケー部、これまでの練習等で積み上げてきたものを存分に発揮し、優勝旗を手に凱旋されることを期待しています。
インターハイ出場おめでとうございます

 また、第70回全国高等学校陸上競技対抗選手権大会 女子三段跳び競技に出場される飯能高等学校 小林聖菜 選手にもお越しいただきました。
 小林さんは、先日行われた平成29年度関東高等学校陸上競技大会北関東地区予選会において、12m17㎝という好記録で優勝されました。
 インターハイでは、日頃の練習の成果を発揮し、最大限の結果が得られることを期待しております。  

農業委員会委員任命式

7月20日(木)

農業委員会委員委嘱式
 先の農業委員会等に関する法律の改正では、農業委員の選出方法をこれまでの公選制を廃止し、市長が議会の同意を得て任命する方式に改められました。
 この度の任期満了に伴い、6月の市議会定例会に議案として提案し、ご同意いただいた農業委員の皆さんの任命式を執り行いました。
 また、同日付けで新たに農業委員会に置かれることとなりました農地利用最適化推進委員の皆様も農業委員会から委嘱されました。
 農業委員会の主たる任務であります、担い手への農地等の利用の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進など、農地等の利用の最適化を積極的に推進していただくことになります。

飯能市立こども図書館 開館20周年!

7月19日(水)

飯能市立こども図書館 開館20周年!
 7月13日、飯能市立子ども図書館が開館20周年を迎えました。 
 子どもと子どもの本に関わる人たちのための全国でも珍しい専門図書館として、子どもたちの成長や子育て家族など多くの方に利用いただいています。
 このたび20周年を記念し、7月22日(土)に記念式典及び東京子ども図書館の理事長・張替惠子氏をお招きして、「本・子ども・図書館―戦後の果実を次世代につなぐために」と題し、記念講演をいただきます。
 また、このほかにたくさんの記念事業を開催予定でありますので、是非ご参加ください。 
飯能市立こども図書館 開館20周年!
            記念事業はこちら →  子ども図書館事業       

「子ども大学はんのう」開講!

7月18日(火)

「子ども大学はんのう」開講!
 先日、駿河台大学において「子ども大学はんのう」が開校いたしました。
 子ども大学では、ものごとの原理やしくみを追及する「はてな学」、地域を知り郷土を愛する心を育てる「ふるさと学」、自分を見つめ人生や将来について考える「生き方学」について、市内の4~6年生を対象に小学校では学べないことを大学の先生など専門家がわかりやすく教えていただけます。 
 今回参加する50名のみなさんには、新たな発見を体験していただき、学ぶことの楽しさを感じてほしいと思っています。
「子ども大学はんのう」開講!

夏の交通安全運動 出陣式

7月14日(金)

夏の交通安全運動 出陣式
 7月15日から24日の間、実施される夏の交通事故防止運動に先立ち、先日、同運動の出陣式に出席してまいりました。
 埼玉県内の交通事故死者数は89人で全国ワースト2位と厳しい状況にあり、飯能署管内では4名の方がお亡くなりになっています。
 このようなことから、「子供と高齢者の交通事故防止」「歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底)」「飲酒運転の根絶及び路上寝込み等による交通事故防止」を運動重点とし、運動を実施します。
 人、車、自転車を運転する者が交通ルールを守り、交通マナーの向上を図ることで、交通事故を1つでも減らしていきましょう。 
夏の交通安全運動 出陣式

国際興業株式会社飯能営業所事務所棟竣工式

7月13日(木)

国際興業株式会社飯能営業所事務所棟竣工式
 昨日、国際興業株式会社飯能営業所事務所棟竣工式に出席しました。
 本市は、国際興業株式会社と「飯能営業所の存続及び今後の同営業所の運営に関する協定書」を締結しております。本営業所は、市内を運行する路線バスの拠点であるため、新しい事務所棟が竣工されたことは市にとりましても大変喜ばしいことです。
 今後も、市民の通勤・通学・買い物等の生活の足、そして、本市を訪れる観光客の足として、市内の地域公共交通の維持・確保と発展を期待いたします。  

上田知事を訪問しました

7月12日(水)

上田知事を訪問しました
上田清司埼玉県知事、奥野副知事、飯島副知事を訪問しました。
 この度の、九州北部を襲った豪雨では、大量の流木が民家や橋を押し流した他、川をせき止め集落が水に浸かる被害が発生しました。そして、多くの方が命を落とされ安否が確認されていない方もいます。
 76%の山林を有する本市におきましても、同様の被害が危惧され、災害が発生した場合の被害は、上流域に留まらず下流域にまで及ぶ恐れがあります。
 上田知事との面会では、このような災害防止の観点からも、立木を伐採し再び植林するという木を切ることの大切さ、間伐材の利用など、山間地域における森林整備と景観整備に対する支援等を依頼して参りました。 
上田知事を訪問しました

「宿橋」 開通式典

7月11日(火)

「宿橋」 開通式典

 坂石町分と下長沢を結ぶ高麗川に架かる「宿橋(しゅくばし)」の開通式典が、両自治会の共催により開催されました。
 旧橋は、昭和38年に架設され約50年間に渡り、坂石町分・下長沢両自治会の地域間交流、児童・生徒の通学路として重要な役割を果たして来ました。
 この度、老朽化に伴い幅員3.8mに拡幅し、歩行者自転車道として生まれ変わりました。

「宿橋」 開通式典

 式典当日は、地域の皆様を始め、吾野保育園、西川小学校、吾野中学校の園児・児童・生徒の皆さんにもご参加いただき、テープカット、往来の安全祈願とともに渡り初めが行われました。
 この橋が、正に地域の架け橋として末永く利用されていくことを願いますとともに、この事業にご協力くださいました多くの関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。 

国道299号 台飯能工区開通記念式典

7月10日(月)

国道299号 台飯能工区開通記念式典
 国道299号 台飯能工区のバイパス整備が完了し、開通記念式典が開催されました。
 国道299号は、長野県茅野市を起点とし入間市に至り、総延長は203kmに上ります。
 埼玉県が管理する秩父市から入間市までの42kmの区間のうちの、最後の未改良区間でありました、台飯能工区の延長1.5kmが完成し、7月1日午後3時 から開通となりました。
 バイパスの完成により、狭隘による交通渋滞の解消や事故防止に繋がるものです。 
国道299号 台飯能工区開通記念式典

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ