第10分団2部に救助資機材搭載型積載車を配属

11月30日(木)

安全祈願
 大規模災害に備えた消防団の救助対応力向上を目的とし、飯能消防団への「救助資機材搭載型積載車」の配備を進めており、この度、第10分団2部に車両1台を配属しました。
 手動式油圧カッター、エンジンカッター、チェンソーなどの救助資機材を積載しており、火災時の消火用としてはもちろん、自然災害時の救助活動に活用することができます。
 団員の皆さんにおかれましては、有事に備え、取扱方法や訓練を重ね、市民の生命と財産を守っていただきますとともに、これらの資機材を活用する事態が起こらぬことを願っています。

「COOL JAPAN AWARD2017」を受賞!

11月29日(水)

ひとつぼキャビン

一般社団法人クールジャパン協議会(本部:京都市、理事長Julien GIRY)が主催するCOOL JAPAN AWARD 2017」において、「西川材とひとつぼ茶室」(表彰対象者:㈱サカモト、飯能市)が全国26作品のひとつとして受賞しました。

COOL JAPAN AWARD」では、日本のポテンシャルを引き出し、日本の力強い成長に寄与することを目的に、世界各国の100人の外国人審査により、2015年度より2年に1度、世界が共感する“クールジャパン”を発掘・認定しています。

今回、㈱サカモト様のご努力と、知恵と工夫から生まれた「ひとつぼ茶室」が世界各国の外国人の皆様から高い評価を受け、受賞されましたことは大変喜ばしいことであり、また、西川材の普及と森林文化の継承に取り組む本市も併せて受賞させていただく形となり、市にとっても大変名誉なことと思っております。

かつては地域経済を潤してきた西川材ですが、全国的な原木価格の下落や木材需要の減少から、現在市内の林業家や木材業者は非常に厳しい経営を強いられています。

これを打破するためには、もっと多くの人に、西川材の良さを知ってもらい、西川材を使ってもらう必要があります。今回の受賞をきっかけに、ひとつぼ茶室とともに、西川材の存在そのものへの関心が高まり、利用促進、ひいては、地域の活性化につながれば、市といたしましても大変有難いことと考えます。

今後も、意欲ある民間事業者の皆様と連携させていただき、地域が一丸となって、森林・林業の活性化に取り組んでまいります。


少年の主張大会

11月28日(火)

少年の主張

 先日、市民会館において、「第14回 飯能市少年の主張大会」が開催されました。

 1,338人の応募作文のうち一次審査を突破した小学生から高校生まで15人が、未来に向けて考えていること、日頃感じていることなどを発表され、落ち着いて、しっかりと自分の思いを発表する皆さんが、とても頼もしく、輝いて見えました。

 少年の主張大会表彰式に合わせ、「家庭の日」ポスターコンクールの表彰式も行われ、親子や家庭のふれあいをテーマに応募された小・中学生の作品のうち、12人が表彰されました。

平成29年度飯能消防団消防特別点検

11月27日(月)

消防
 火災の発生しやすい時期を迎え、「平成29年度飯能消防団消防特別点検」を執行し、団員の観閲や服装規律、消防車両等の機械器具の手入れ状況、消防操法、諸帳簿の整理状況、部隊訓練、放水訓練を点検しました。
 随所に、旺盛な消防精神と消防人たる自覚、機敏な動作が見受けられた他、堂々とした部隊行動、士気旺盛な分列行進、機械器具の手入れも行き届いており、日頃の取り組みと訓練の成果が十分に発揮されていました。
 本年7月の「九州北部豪雨」では、多くの犠牲者と甚大な被害に見舞われるなど、各地で自然災害が発生しています。このような状況下において、地域に密着した消防団員の活躍は目覚ましく、多くの尊い生命が救われています。
消防2
 これからも消防団長を中心に、市民のみなさんの安全と安心のために、ご尽力くださいますようお願いいたします。

平成29年第5回飯能市議会定例会 開会

11月24日(金)

議会開会
 平成29年第5回飯能市議会定例会が本日開会し、12月8日までの15日間の会期と決定されました。
 今定例会では、条例案6件、補正予算案12件の合計18件の他、人事案件1件をご審議いただきます。

第13回関東管区内交通安全教育コンクール

11月22日(水)

交通2
 関東管区警察局が主催する「第13回関東管区内交通安全教育コンクール」が茨城県水戸市で開催され、4月に開催された「交通安全教育技能コンクール県大会」において見事優勝に輝きました、本市の交通指導員、飯能警察署のみなさんが埼玉県を代表して出場されました。
 「県内の交通情勢に応じた実践的な交通安全教育」をテーマに、関東管区が管轄する長野県、静岡県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、山梨県の各県の大会を勝ち抜いた代表チームが集まり、テーマの構成や表現力を競いました。
交通1

 埼玉県チームは、高齢ドライバーの安全運転心得や免許証の自主返納にポイントを置いた寸劇を演じ、交通事故を減らしたいという思いが伝わる演技に感銘を受けました。
 これからも、交通指導員のみなさんによる事故防止に向けた指導・啓発により、交通事故のない明るい社会が実現することを願っています。

チェンソーアート作品を寄贈していただきました!

11月21日(火)

ふくろう

第16回目の開催となる「はんのう生活祭×西川材フェアー」が飯能市役所駐車場を会場に開催され、青森県の「青い森カービングクラブ」で活動されている菅岡 仁様にチェンソーアートを実演していただきました。

作品には、吾野地区でとれた樹齢130年の西川材(杉)を使用し、チェンソーを駆使しながらのダイナミックかつスピーディな作業に大変盛り上がりました。

このたび、実演で製作した作品を飯能市に寄贈していただきましたので、市役所正面玄関に設置いたしました。

是非、チェンソーで作ったとは思えない繊細なふくろうの作品をご覧いただきたいと思います。

ふくろう

第3回 親守詩(おやもりうた)飯能市大会

11月20日(月)

親守り

「言葉をつなぐ 心をつなぐ 親子をつなぐ」をテーマに第3回 親守詩(おやもりうた)飯能市大会が、はんのう親学の会の主催により実施され、平成29年11月18日(土)に入賞作品の表彰が子育て総合センターで行われました。

親守詩(おやもりうた)とは、子どもが上の句(五・七・五)、親が下の句(七・七)を読み、「感謝」と「親ごころ」を表現する世界にたったひとつの“家族の短歌”です。

 今回の大会では、約300点の応募があり、その中から幼児の部、小学生の部、中学生の部として、34作品が選ばれました。

 このたびの入賞作品は、今後、埼玉県の大会へ出品されるとのことで、高い評価をいただけることを期待しております。 入賞された皆様、おめでとうございます。
親守り

仮称)飯能大河原線(飯能工区)の進捗状況を視察

11月17日(金)

視察1
 現在、順調に工事が進められている「(仮称)飯能大河原線」の飯能工区の進捗状況を視察しました。
 「(仮称)飯能大河原線」は、工事延長830m 幅員14mの計画で、平成26年度から工事に着手し、平成30年度末の完成を目指しています。
 視察した飯能工区は、道路の形が分かるまで工事が進み、舗装工事が一部完了しています。当日は、排水性舗装の仕組みやコンクリート擁壁の仕上がり状況などを確認し、新しい道路築造の考え方などを職員と共有してきました。
 この工事が順調に進められるのは、地権者様を始め地域の皆様のご理解とご協力をいただいているからこそであり、改めて関係者の皆様に感謝を申し上げます。

定例記者会見

11月16日(木)

定例記者会見

 本日、12月議会に先立ちまして定例記者会見を開催いたしました。

 今回は、12月議会提出案件や「飯能市初、小中一貫校を目指す ―方針決定―」や「新ごみ処理施設の火入式の開催と本稼働について」、「飯能市鳥獣被害対策隊の活動について」などを記者発表しました。

※定例記者会見の内容はこちらからご覧ください。→ 11月16日定例記者会見

保育所・幼稚園に紙を寄贈していただきました!

11月15日(水)

紙の寄贈

 飯能大河原工業団地に立地している株式会社光陽社様(印刷製造業)から、地域貢献のために保育所や幼稚園でお絵かき用の紙として紙を寄贈したい旨の申出があり、このたび山手保育所で寄贈式が行われました。

 松本工場長からは、「いっぱいお絵かきをして、楽しい毎日をおくってください」とのお言葉をいただき、子どもたちからは、「大切に使わせていただきます」とお礼の言葉が伝えられました。

紙の寄贈
 企業からの温かいご支援に感謝するとともに、今後も光陽社様をはじめとする市内の各企業の皆様とも連携・協力しながら、女性と子どもにやさしいまちの実現を目指してまいります。

ヤマノススメキャンプフェスタ2017

11月14日(火)

ヤマノススメ
 飯能市を聖地として、来年にはテレビシリーズ第3期の放送も決定しているアウトドアアニメ「ヤマノススメ」の「キャンプフェスタ2017」が、名栗げんきプラザを会場に開催されました。
 声を担当する声優の皆さんも駆けつけるなど、全国から集まったファンの皆さんとともにキャンプファイヤーやトークなどで盛り上がりました。
ヤマノススメ2
 また、日本郵便株式会社関東支社からは、オリジナルフレーム切手セット「ヤマノススメおもいでプレゼント」の販売開始も報告されました。この切手セットは、狭山市、志木市、所沢市、新座市、朝霞市、日高市、入間市、飯能市、和光市の全郵便局(計94局)でお求めいただけるということです。

平成29年度 税の作文表彰式

11月13日(月)

税の作文
 租税教育推進の一環として「税に関する作文」を募集し、11日から17日の「税を考える週間」に合わせ、「平成29年度 税の作文表彰式」を執り行いました。
 次世代を担う中学生、高校生の皆さんに税についての関心を高め、正しい理解を深めていただくため毎年実施しているもので、今年も市内の中学校から647点、高等学校から307点の応募があり、いずれも私たちの生活に欠かすことのできない「税」の使いみちや体験談が記されていました。

優秀作品については、市民活動センターにて展示しておりますので、ご覧いただきたいと思います。 

   1 展示会場  飯能市民活動センター交流広場
               (丸広百貨店飯能店7階)

   2 展示期間  11月17日(金)まで

「連携協力に関する基本協定」を締結いたしました

11月10日(金)

エルフェン

 本市は、なでしこリーグ1部の「ちふれASエルフェン埼玉」が所属する「NPО法人エルフェンスポーツクラブ」と「連携協力に関する基本協定」を締結しました。
 協働による事業を通じ、スポーツの振興、市民福祉の向上、地域社会の発展を図って参ります。
 また、12月16日(土)午後1時から、川越運動公園陸上競技場において

 「ちふれASエルフェン埼玉」VS

        「セレッソ大阪堺レディース」

の試合が開催されます。
 市内茜台のグラウンドを練習拠点に、なでしこで戦う「ちふれASエルフェン埼玉」を力一杯応援したいと思います。

「名栗紅葉まつり」と「なぐりブラさんぽ」が開催されます

11月9日(木)

紅葉まつり

 木々も色づきはじめ秋も深まってまいりました。

 11月12日(日)に「なぐり紅葉まつり」が鳥居観音を会場に開催されます。毎年多くの方々に紅葉狩りを楽しんでいただいております。
 そして今年は同日に「なぐり見聞食ブラさんぽ」も鳥居観音周辺で開催いたします。このイベントはスタンプラリーやクイズを解きながら名栗地区を散策していただき、買い物、食事などを楽しんでいただくものです。名栗地区ならではのグルメを食べて、地元の人たちとふれあい、里山の秋を堪能していただきたいと思います。
 是非、ご家族やお友人をお誘い合わせのうえ、お出かけください。

ブラさんぽ


「なぐり紅葉まつり」
開催日時:11月12日(日)10:00~15:00
会場:白雲山 鳥居観音(飯能市上名栗3198)




「なぐり見聞食ブラさんぽ」
開催日時:11月12日(日)10:00~15:00
受付:小殿バス停前
会場:鳥居観音周辺

第4回 飯能ご当地検定1級認定証授与式

11月8日(水)

ご当地検定

飯能の歴史や文化、観光名所などを総合的に学び、飯能に愛着をもってもらうことを目指し、「飯能まちなかを元気にする会 ご当地検定委員会」による「飯能ご当地検定」が実施されています。

第4回となります今年は、12人の皆さんが見事1級に認定され、認定証が渡されました。

これからも郷土愛のもと、飯能の素晴らしさを市内外の多くの皆様に広めていただけることをご期待いたします。

第47回 飯能まつり

11月7日(火)

飯能まつり

大変多くの皆様のご協力のもと第47回飯能まつりが盛大に開催されました。

天候にも恵まれ、近隣自治体、関係企業、横浜市からもお越しくださるなど大変多くのお客様で賑わい、2日間で16万8千人もの皆様に伝統の飯能まつりと錦秋の飯能市をお楽しみいただくことができました。

飯能まつり

勇壮な屋台の曳き廻し、神輿の練り歩き、民謡流し、軽やかな笛や太鼓の音色など、祭りに欠かすことのできない全てが揃うことで飯能祭りとして成り立ち、観客も演者も楽しむことが出来ます。また、その陰で華やかな舞台の裏方として祭りを支えてくださった皆様にも労いを申し上げさせていただきます。

平成29年飯能市表彰式

11月6日(月)

市表彰
 市表彰規程に基づく平成29年飯能市表彰式を挙行しました。
 式の第1部では、地方自治をはじめ、消防、福祉、産業、教育などの各分野において、本市発展のためにご尽力くださいました20名、3団体の皆様を表彰させていただきました。また、本市に多大なご寄附をくださいました1名の方に感謝状を贈呈させていただきました。引き続き、なお一層のご支援とご協力をお願いいたします。
 第2部では、満90歳をお迎えになられた291名の内61名の皆様が出席されました。昭和の幕開けとともに生を受け、激動の時代を生き抜かれ、今日の日本や飯能市の礎を築いてくださいましたことに対し、改めて感謝の言葉を申し上げさせていただきました。これからもお元気で穏やかな日々を送られることを願っています。

「厚生労働大臣賞」受賞

11月2日(木)

厚生労働大臣賞受賞
 このたび、飯能市母子愛育会の岩澤昭子会長が10月25日から27日まで宮崎県で開催されておりました健やか親子21全国大会(母子保健家族計画全国大会)において「厚生労働大臣賞」を受賞されました。
 誠におめでとうございます。
 母子愛育会は、日頃から母子交流会等において育児をされているお母さんたちの悩みや不安を聞いて支援したり、声かけや訪問、見守り、励ましをしていただいております。また中学生育児体験学習として市内の中学校に出向き、「命の大切さ」を知ってもらう活動をしております。その活動の中心となって尽力された長年の功績が認められての受賞となりました。
 「女性と子どもにやさしいまち」の実現を目指し、次世代を担う子どもたちが健やかに成長でき、子育てをするお母さんたちが子育てしやすい環境づくりに取り組んでまいりますので、引き続き母子愛育会の皆さんのご協力をいただきますようお願い申し上げます。今後も岩澤会長をはじめ母子愛育会の皆さんの益々のご活躍を期待しております。

「飯能まつり展」開催中!

11月1日(水)

飯能まつり展

 第47回飯能まつりが、今年も11月4日(土)・5日(日)に開催されます。これに先駆けて「飯能まつり展」が市民活動センター交流広場で開催されています。まつり道具と衣装、写真、絵画の展示、DVDの上映、見どころの紹介など一足先にまつり気分を味わうことができます。是非、お出掛けください。


 場  所 飯能市民活動センター交流広場
       (丸広百貨店飯能店7階)
 開催期間 11月5日(日)まで

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ