第4回 RDD in HANNO(埼玉)

2月28日(水)

RDD

 世界希少・難治性疾患の日(RDD)は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指すものです。
 本市では、病気のこどもと家族(親・きょうだい児)の会であるニモカカクラブの皆さんが、RDDの活動に取組まれており、このたび、第4回となるRDD in HANNO(埼玉)を市民活動センターにおいて開催されました。

 2月24日の講演会に先立ち、プレイベントとして開催されていた写真展を拝見させていただきました。医療的ケアを必要とするお子さんを温かく支える家族の皆さんの日常に、写真を通して触れ、ご家族の強い絆に感銘を受けました。
 「つながるちから」を合言葉にした今年のRDDには、写真展を含め、450人を超える方たちが来場されたとのことです。開催にあたり、準備に携わられた皆様に心から感謝申し上げるとともに、お子さんやご家族を温かく包み込むことができる地域づくりをこれからも目指してまいります。

郷土芸能フェスティバル

2月27日(火)

郷土芸能 市長

 市民会館大ホールにおいて「郷土芸能フェスティバル」が開催されました。この催しは、郷土芸能の技術向上と、後継者育成を目的として毎年開催されているものです。

今回は、あきる野市から「引田囃子囃楽睦(ひきたばやしそらむつ)」の皆さんにお越しいただきました。また、本市からは「西光寺浅草流双盤念仏保存会(さいこうじせんそうりゅうそうばんねんぶつほぞんかい)」の皆さんと、「中山囃子連(なかやまはやしれん)」の皆さんが出演され、どちらの団体も、大変見ごたえのあるすばらしい演技を披露してくださいました。

郷土芸能技術の継承にご尽力いただいておりますことに深く敬意を表します。

郷土芸能 そらむつ
郷土芸能 念仏
郷土芸能 中山

美杉台『美麗の会(みれいのかい)』 道路愛護功労者表彰受賞

2月26日(月)

美麗の会
 飯能市の道路美化活動団体に登録をいただいている「美麗の会(みれいのかい)」が、このたび、道路愛護功労者表彰(埼玉県知事表彰)を受賞され、そのご報告に会長、副会長がご来庁くださいました。
 美麗の会は美杉台一丁目及び三丁目から五丁目の会員25名で構成され、バス通り及びさくら通り等の歩道上の雑草除去、落葉やごみの収集などの清掃活動を約12年間続けられています。
 今回の受賞については、誠に喜ばしい限りであり、快適で美しい道路環境づくりに長年寄与いただいておりますことに心より感謝申し上げます。

平成30年第1回定例会が開会されました

2月23日(金)

3月議会

 本日、平成30年第1回飯能市議会定例会が開会されました。

 3月16日までの22日間の会期と決定されました。
 今定例会では、平成30年度当初予算案のほか、条例案19件、補正予算案10件など合計46件をご審議いただきます。

第4回「飯能・日高 鍋まつりin巾着田」が開催されました

2月22日(木)

鍋まつり
 当日は、飯能市と日高市から、飯能すいーとんや高麗鍋、しし鍋など20店舗が出店され、鍋料理を楽しむ方々で賑わいました。
 ステージイベントでは、武蔵越生高等学校の和太鼓部や鍋まつり新春よさこいの皆様が会場を盛り上げてくださいました。
 また、現在は「飯能・日高 ご当地グルメラリー」が2/28(水)まで開催中です。飯能市と日高市のご当地グルメを召し上がり、スタンプを集めて応募していただくと、抽選で両市の特産品などの嬉しい景品があたります。鍋まつりにお越しいただけなかった方にも、ぜひこの機会にご当地グルメをご堪能いただければと思います。
 ※「飯能・日高 ご当地グルメラリー」について、詳細はこちらをご覧ください。 → http://hanno-tourism.com/#we-page-entry?spot=203286&cat=15214&pageno=3&type=spot&theme=theme-1

ブレア市高校生訪問団帰国式

2月21日(水)

ブレア帰国式
 姉妹都市ブレア市の高校生訪問団の皆様が本市にお越し下さり、10日間の日程を終え帰国されました。
 帰国式では、本市での滞在中をお世話下さいましたホストファミリーの皆様にもご出席いただき別れを惜しみました。
 訪問団に参加された高校生からは、「優しく受け入れてくださり家族の一員のように接してくださり飯能は2つ目の家です」、「日本の文化に触れることができました」、など、ホストファミリーやお世話になったボランティアの皆様への感謝の言葉が述べられました。
 この度、訪問団として参加くださいました皆様には、ブレア市と飯能市の親善の橋渡しとなっていただきますとともに再び本市にお越しくださる日を楽しみにしています。

平成29年度 飯能市社会福祉大会

2月20日(火)

福祉大会
 永年に渡り地域福祉の発展に貢献された皆様を称えるとともに地域福祉の更なる普及と充実を目的に「平成29年度 飯能市社会福祉大会」が開催されました。
 福祉に関わる皆様をはじめ、多くの市民の皆様にご出席いただき、第1部では社会福祉に貢献された皆様を表彰させていただき、第2部では、障害・子育て・介護の各分野に携われた皆様から事例紹介や連携状況をお話しいただきました。
 この大会が、福祉に関する新たな発見の場となり、行動につながるきっかけとなるとともに、これからも、市・社会福祉協議会・市民の皆様と連携を図り、地域福祉の増進や地域での課題の解決に向けて取り組んで参ります。

飯能市パラスポーツ(障害者スポーツ)体験会

2月19日(月)

パラスポーツ
 障害者とそのご家族や支援者、市民のみなさん、学生のみなさんなど幅広い方々にご参加いただき、子どもから大人まで楽しめるスポーツを体験し、その魅力を感じていただくための「飯能市パラスポーツ(障害者スポーツ)体験会」が開催され、80人を超えるみなさんが参加くださいました。
 ご承知のとおり、平昌(ピョンチャン)では「第23回オリンピック冬季競技大会」が開催されており、3月9日からは「平昌2018パラリンピック冬季競技大会」が開催されます。この時期にこのような体験会が開催されることは大変意義深いものです。障害のある方の気持ち視線でのスポーツ環境が整うことを願います。

定例記者会見

2月16日(金)

2月16日定例記者会見

 本日、3月議会に先立ちまして定例記者会見を開催いたしました。

 今回は、3月議会提出予定案件や「平成30年度予算案の概要」や「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園飲食店運営事業者公募の選定結果等について」、「「名栗バスセットチケット」発売について」などを記者発表しました。

※定例記者会見の内容はこちらからご覧ください。→ 月16日定例記者会見

(仮称)飯能大河原線橋りょう新設工事の進捗状況を視察

2月6日(火)

橋梁視察

 (仮称)飯能大河原線橋りょう新設工事(上部工)の進捗状況を視察しました。

 (仮称)飯能大河原線の橋りょうは、延長84m 幅員14mの計画で、平成30年8月の完成を予定しています。道路の全線開通は平成31年3月を目指しています。

 現場の技術者や担当職員から、本工事の材料や工法、橋りょう工事の難しさ等について説明してもらい、間近で架設状況を視察することができました。

 本現場(大字飯能側ヤード)には地域の皆様に本工事の概要や、鋼桁の製作方法、架設方法などの説明のためにコミュニケーションハウスを開設しています。橋りょうの完成模型なども展示していますので、ぜひ皆様もお立ち寄りいただければと思います。

 この工事が順調に進められるのは、地権者様をはじめ、地域の皆様のご理解とご協力をいただいているからこそであり、改めて関係者の皆様に感謝を申し上げます。

橋梁視察

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ