駿河台大学「まちプロFМ放送」取材

10月31日(水)

駿台インタビュー

 駿河台大学メディア情報学部の皆さんが取材のためお越しくださいました。

毎月1回、同学の「まちプロFМ班」の皆さんが取材し編集したものを、エフエム茶笛(チャッピー)で放送しています。今回は「メッツァの魅力や見どころについて」というテーマに関連しての取材で、メッツァがオープンした後の飯能市などについてお話させていただきました。

エフエム茶笛(チャッピー)での放送は、11月24日(土)に予定され、学生の皆さんの視点でのホットな情報をリスナーの皆様にお届けします。


南高麗地区文化祭

10月30日(火)

南高麗地区文化祭

 先日、南高麗地区文化祭にお邪魔させていただきました。会場の各部屋には公民館利用者の方や地元の小中学生の皆さんの作品が数多く展示され、どれも力作揃いでした。
 文化芸術は、人々に感動や生きる喜びを与え、人生を豊かにしてくれるものであるとともに、社会全体を活性化する大きな力となるものであり、その果たす役割は今後一層重要になっていくものと思われます。これからも優れた文化や多様な芸術に触れる機会を積極的に提供してまいりたいと考えております。
 これから各地区においても文化祭が開催されます。ぜひ皆さんにも足をお運びいただければと思っております。



樋口久子 三菱電機レディス2018

10月29日(月)

樋口久子三菱電機レディス20181
 「樋口久子 三菱電機レディス2018」が、武蔵丘ゴルフコースを舞台に開催され、表彰式に出席しました。
 今年も市内の全中学校から、延べ57人の中学生がボランティアとして参加し、練習場、ギャラリー受付、固定マーシャル、ボランティア本部、キャリアボード担当として大会運営に携わりました。

樋口久子三菱電機レディス20182
 参加した中学生からは、有名選手を間近で見ることができた、緊張したけれど、とても楽しかったなどの感想を聞くことができ、貴重な体験と社会勉強になったことと思います。
 大会は、ささきしょうこプロが12アンダーで優勝し、今期2勝目、通算3勝目を飾りました。

「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018)」認定証贈呈式

10月25日(木)

ヤマノススメ

 本市を舞台としたアニメ「ヤマノススメ」が「2018年度版 日本のアニメ聖地88」として認定され、一般社団法人アニメ―ツーリズム協会より認定証をいただきました。

2018年度版 日本のアニメ聖地88」には、アニメの舞台になった地域やアニメキャラクターに関する施設など、ファンの方が訪れて楽しめるスポットが選定されています。

ヤマノススメに登場する天覧山、飯能河原、商店街などには、市内外から多くのファンが訪れ、飯能市を盛り上げていただいております。

アニメをきっかけに訪れた皆さんが飯能の魅力を感じていただき、「また飯能に来てみたい」と思っていただけることを期待しております。

 

人権擁護委員 感謝状伝達式

10月24日(水)

人権擁護委員

 人権擁護委員の島﨑好司様が9月30日をもって退任されました。退任にあたり法務大臣より感謝状が贈呈され、さいたま地方法務局所沢支局 須藤支局長から伝達されました。

 人権擁護委員は、人権相談、人権に関する啓発など、市民の幸せのためにとても大事な活動をされており、島﨑様におかれましては、9年という長い間、市民のためにご尽力いただきました。心より感謝申し上げます。

 また、10月1日付けで新たに人権擁護委員に委嘱されました中山亨様がご報告にお越しくださいました。

市民の人権の擁護と人権思想の普及等にお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

名栗ふるさとまつり

10月23日(火)

ふるさとまつり


先日、雲一つない秋空の下、名栗ふるさとまつりが開催され、多くの来場者で賑わっていました。

昨年は台風のため中止となり残念ではありましたが、今年は小学生による勇壮な「元気太鼓」によるオープニングに始まり、地元の団体や事業所など地域の皆さんが参加し一体となって「祭り」を大いに盛り上げていただきました。

ふるさとまつり


 地域のみなさんのあたたかさに触れ、私も元気とパワーをもらいました。これからも地域のみなさんのご協力のもと、地域とまつりの更なる発展を期待します。

第33回 はんのう健康まつり・飯能市8020歯の健康づくり優秀者表彰式

10月22日(月)

健康まつり
 10月21日(日)に飯能市総合福祉センターにおいて第34回はんのう健康まつりが開催されました。
 健康に関する医師、歯科医、助産師による相談会をはじめ、「ハイハイ・よちよちコンクール」や「フッ素塗布」などの親子で交流できるコーナーもあり、赤ちゃんから大人まで楽しんでいらっしゃいました。
 また、「飯能市8020歯の健康づくり優秀者」として、80歳以上で20本以上ご自分の歯を保っていらっしゃる、歯の健康づくり推進のための市民の模範となる優秀者を表彰いたしました。
 歯を失わないということは、生活習慣病や認知症などの予防や管理にも深く影響してきていることが明らかになってきているようです。
 「はんのう健康まつり」が健康づくりや病気予防を考えるきっかけとなり、健康への意識が高まることで、今後も市民の皆様が心身ともに生き生きといつまでも健康で過ごされることを願っております。
健康まつり

市立博物館特別展「 吾野 -未来へつなぐ地域の記録- 」

10月18日(木)

特別展 吾野

 市立博物館では、4月にリニューアルオープンして最初の特別展「吾野-未来へつなぐ地域の記録-」を開催しています。
 明治22年4月に成立した近代吾野村(現在の吾野地区)の原始から現代までの歴史を辿るもので、嘉永5年に坂本村(現在の飯能市大字坂本)において、日本で初めて帝王切開術が行われたことに関わる資料の他、学校、生業、地域の文化財などをご紹介しています。
 特別展は、12月19日(日)まで開催していますので、是非、お出掛けください。


「第17回奥むさし駅伝競走大会」第1回実行委員会

10月17日(水)

駅伝実行委員会

平成30年1月27日(日)の開催に向けて準備を進めております、「第17回奥むさし駅伝競走大会」の第1回実行委員会が開催されました。

 本市の新春の風物詩であります「奥むさし駅伝競走大会」は、これまで支えてこられた先人の方の汗が襷となり、また、皆様のご協力がエネルギーとなって歴史と伝統が作り続けられています。

 今大会も、6区間38.6キロメートルにどのようなドラマが生まれるかとても楽しみにしています。

伝統という襷をこれからも受け継ぐとともに第17回大会が素晴らしい大会となりますよう皆様のご協力をお願いいたします。

平成30年度 埼玉県防災講演会

10月16日(火)

防災講演会

 本市の市民会館を会場に「平成30年度 埼玉県防災講演会」が開催され、「飯能・日高エリアの災害リスクと実践的な自助・共助」と題し、災害リスク評価研究所代表の松島康生先生にご講演いただきました。

 近年、日本各地において、台風や集中豪雨、地震による自然災害が多発しており、本市においても大きな自然災害が発生する可能性はゼロとは言えません。大規模災害から命を守るためには、「自分の身の安全は、自ら守る」という自助の取り組み、「自分たちの地域は、みんなで守る」という共助の取り組みが大切です。

 是非、本日の講演を地域の安全と安心のために役立てていただきたいと思います。

狭山・飯能・日高 3市協定締結記念マッチ

10月15日(月)

狭山・飯能・日高 3市協定締結記念マッチ

 NPO法人エルフェンスポーツクラブは、狭山市、飯能市、日高市とそれぞれ協定を締結したことから、締結を記念した「狭山・飯能・日高 3市協定締結記念マッチ」を開催しました。

 本市は、昨年11月にNPO法人エルフェンスポーツクラブと、地域社会の発展、市民福祉の向上に寄与することを目的とした協定を締結し、両者の連携・協力のもと、「スポーツ振興」、「青少年の健全育成」及び「地域振興」に取り組んでいます。

 本市茜台の「ちふれグラウンド」を活動拠点に、女子サッカーなでしこリーグで活躍する「ちふれASエルフェン埼玉」対「伊賀フットボールクラブ くノ一」との間で熱戦が繰り広げられましたが、結果は0対0で引き分けとなりました。
狭山・飯能・日高 3市協定締結記念マッチ

第37回飯能市民レクリエーション祭兼連盟秋季グラウンド・ゴルフ大会

10月10日(水)

秋季グラウンド・ゴルフ大会
 「第37回飯能市民レクリエーション祭兼連盟秋季グラウンド・ゴルフ大会」が美杉台公園多目的グラウンドで盛大に開催され、競技開始前の始球式をさせていただきました。
 大会当日はスポーツには絶好の曇り空で、参加された皆さんの笑いが飛び交う中、元気にはつらつとグラウンド・ゴルフ大会を楽しまれていました。
 日頃から楽しみながら体を動かすことは、健康でいつまでも元気に暮らし続けることに繋がると思います。ぜひ、これからも続けていただきたいと思います。

第43回中区民祭り「ハローよこはま2018」

10月9日(火)

第43回中区民祭り「ハローよこはま2018」
 本市と友好交流協定を締結する横浜市中区の、第43回中区民祭り「ハローよこはま2018」が、横浜公園、日本大通りなどを会場に開催されました。
 市民・区民まつりとしては最大規模と言われ、今年も晴天に恵まれ20万人以上の来場者で賑わった他、開会式では、サプライズでムーミンが登場すると、会場から大きな歓声が上がりムーミンを歓迎する拍手が巻き起こりました。
 11月9日の「メッツァビレッジ」のオープン、3月16日の「ムーミンバレーパーク」のグランドオープンをお知らせするとともに本市へのお越しをご案内させていただきました。

横浜市南区連合町内会長連絡協議会 行政視察

10月5日(金)

横浜市南区連合町内会長連絡協議会 行政視察

 横浜市南区連合町内会長連絡協議会の皆様が、本市を視察されました。
 横浜市南区は、本市と友好交流協定を締結する中区と隣接し、人口は10月1日現在で約195,000人、昭和18年に創設され75周年を迎えます。横浜市を構成する18行政区の中で最も人口密度の高い区です。
 また、同連絡協議会は南区の16の連合自治会、町内会によって組織され自主的な事業活動を展開されています。
 この度の行政視察では、本市の「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」の他、市内の事業所を視察されました。


メッツァ「竣工式」

10月4日(木)

メッツァ竣工式1
 2015年6月30日の東京プリンスホテルでの記者会見から3年3ヶ月、本日、メッツァの「竣工式」が執り行われ、ペッカ・オルパナ次期駐日フィンランド大使をはじめ来賓多数が出席し竣工を祝いました。
 メッツァは、本市が進める地方創生の大きな柱であり、「飯能河原・天覧山周辺」、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」を結ぶ都市回廊空間、トライアングルゾーンを形成することとなります。
 国内はもとより世界中から訪れる全ての皆様に夢と希望、安らぎを与え、誘客による交流人口の増加、賑わいの創出、本市の魅力アップに繋がっていくことを大いに期待しています。
メッツァ竣工式2

第16回屋内消火栓操法大会が開催されました

10月3日(水)

消火栓操法大会1
 昨日、飯能地方防火安全協会及び日高市防火安全協会主催、埼玉西部消防組合飯能日高消防署共催による「第16回屋内消火栓操法大会」が開催されました。
 
消火栓操法大会2
 この大会は、各事業所の自衛消防組織の拡充や屋内消火栓の取り扱い技術の向上などを目的に開催され、本市及び日高市内の事業所から男女22チームが参加しました。市役所からも男女1チームずつ出場し、男子女子共に準優勝という成績を収めました。
消火栓操法大会3
 競技は消火までの時間、動作の規律などで競われ、いずれのチームも機敏な動作を披露していました。

平成30年第3回定例会が閉会

10月2日(火)

議会閉会
 9月7日に開会した「平成30年第3回飯能市議会定例会」が、26日の会期を終え、本日閉会となりました。
 上程しました25の案件につきましては、原案の全てを承認、議決、同意いただきました。
 議決された条例、補正予算につきましては、その執行に最大限の努力をして参ります。

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ