フェンシング国際大会12歳以下の部で優勝

12月28日(金)

フェンシング国際大会1

 愛媛県松山市で開催された「第4回全国小学生フェンシング選手権大会」の小学校女子エペの部において優勝され、11月29日から12月8日までオーストラリアで開催される国際大会に日本代表として出場した飯能第一小学校6年生の篠島優衣さんが来庁され、12歳以下の部で優勝、14歳以下の部で3位、団体戦においては12歳以下の部、14歳以下の部で共に優勝という輝かしい成績を報告しに来てくださいました。


フェンシング国際大会2
 篠島選手は、世界の選手と試合をすることができ、いい経験になりましたと報告してくださいました。日々練習に励み、努力を重ねたことが金メダル3つと銅メダル1つという素晴らしい成果に繋がったものと拝察いたします。
 これからも練習に励み、益々ご活躍されることを期待しています。

中学生ブレア市親善訪問団結団式

12月27日(木)

ブレア市訪問団結団式
 先日、平成30年度 中学生ブレア市親善訪問団結団式が行われました。姉妹都市ブレア市を訪問し、海外での生活を体験、異国の文化に接することで国際感覚を高め、家庭滞在や学校訪問等を通じて市民との交流を深め、見聞を広めることなどを目的としています。
 今年度は市内の公立及び私立中学校2年生18人が、平成31年1月9日から11日間、ブレア市を訪問します。18人は、事前学習会などを通じて、アメリカやブレア市の歴史や文化などを学ぶそうです。ぜひ有意義な訪問となることを願っております。

森林認証(FM認証・CоC認証)取得報告

12月26日(水)

森林認証3
 この度、「飯能市森林認証協議会」が、森林管理を認証する「FM認証」と「CоC認証」を一体で取得し、その報告にお越しくださいました。
 「FM認証」は、森林を対象とした認証で、定められた原則と基準に基づき、森林管理が適切に行われていることを審査機関によって認証するものです。また、「CоC認証」は、「FM認証」を受けた森林から産出された木材を加工していることを認証するものです。

森林認証2

 市内の「FM認証」された森林面積は県内最大規模の4,187.5ヘクタール、「CоC認証」された市内事業者は19社です。なお、県内での「FM認証」と「CоC認証」の一体での取得は初めてで、認証の一体的取得により西川材認証材の市場への流通を目指すものです。

 組織的な森林認証の取得により、西川材の利用の拡大と森林の持つ公益的機能の増進に加え、西川材の安定供給体制を構築するきっかけになることに期待しています。また消費者に対し、認証材を使う意義をアピールするなど、選んで使ってもらうための啓発活動にも積極的に取り組んでまいります。

県道飯能寄居線バイパス「新堀北平沢工区」開通記念式典

12月25日(火)

飯能寄居線式典


 飯能市を起点として、寄居町に至る延長31.7㎞の県道飯能寄居線の、最後の未整備区間となっていた「新堀北平沢工区(延長2.7㎞)」のバイパス整備が完了し、開通記念式典が執り行われました。

飯能寄居線式典


 沿線には、埼玉医科大学病院及び同国際医療センターが所在し、救命のための重要路線となっています。この度のバイパスの開通により、飯能市街地から埼玉医科大学国際医療センターまでの走行時間が約8分短縮されるということで救命率の向上が図られる他、観光や地域振興への大きな期待が寄せられます。

飯能寄居線式典
   会場では、加治中学校吹奏楽部による力強い演奏が披露され開通に華を添えました。

にこにこハウスを訪問しました

12月21日(金)

にこにこハウス②
 稲荷町にある障害者就労継続支援事業所の「にこにこハウス」 にお邪魔しました。
 「にこにこハウス」は、障害がある方たちが働くカフェレストランです。地域の皆さんの憩いの場となっており、親子連れの方や市内のデイサービスに通う高齢者の方たちで、連日、大変賑わっております。
にこにこハウス
 お邪魔した日は、揚げたての焼き肉コロッケがメインのランチメニューで、大変美味くいただきました。また、働いている方から励ましのお手紙や歌のプレゼントなど、心温まるおもてなしを受け、心身ともに満腹になりました。
 食事の後には、同建物内の「niconi工房」に伺い、障害のある皆さんが作製した織物などを見させていただきました。どの作品も素晴らしく、これからも素敵な織物を作製されるようお話しさせていただきました。

文化放送のラジオ番組収録

12月20日(木)

文化放送のラジオ番組収録

 文化放送のラジオ番組「竹中功のアロハな気分」への出演の機会をいただき、その収録がありました。
 この番組は、毎週日曜日の19時から放送され、日曜日の夜の憂鬱な気持ちを吹き飛ばす「アロハの精神」にあふれた、トークとミュージックをお届けする番組です。
 収録では、メッツァビレッジ、ムーミンバレーパークのオープンの他、本市へのふるさと納税とその返礼品、12月24日から始まります都営大江戸線でのシティープロモーションについてお話をさせていただきました。

放送日時:12月30日(日)19時~20時(予定)
番 組 名:「竹中功のアロハな気分」文化放送(AM1134kHz/FM91.6MHz)

家庭の日ポスターコンクール

12月19日(水)

家庭の日ポスターコンクール2

 先日、埼玉県知事公館において「平成30年度家庭の日ポスターコンクール」の表彰式が開催され、最優秀賞及び優良賞に輝いたお二人が、受賞報告にお越しくださいました。
 「家庭の日ポスターコンクール」は、親子や家族のふれあいなどを描いたポスターを募集・展示することにより、家庭の果たす役割の大切さを改めて考えていただくことを目的に平成5年から実施されています。


家庭の日ポスターコンクール1

 今回のコンクールには県内から6,529点が応募され、西川小学校1年生の田嶋桃華さんが最優秀賞に、また、原市場中学校2年生の武藤そらのさんが優良賞に選ばれました。

 市民活動センターと市役所において入賞作品が展示されますので、ぜひご覧ください。



■「家庭の日ポスターコンクール」入賞作品展示
・市民活動センター 平成31年2月 7日~13日
・市役所1階ロビー 平成31年2月15日~21日

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント エデュケーション事業部と「連携及び協力に関する基本協定」を締結しました

12月18日(火)

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント エデュケーション事業部との締結
 このたび、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント エデュケーション事業部と「連携及び協力に関する基本協定」を締結しました。
 本市と株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント エデュケーション事業部とは、これまでも「Hanno Green Carnival」の開催など様々な事業において連携・協力して取り組んでまいりましが、本協定の締結により、更なる「連携・協力体制」を構築し、イベントの開催だけにとどまることのない、飯能市の地方創生並びに双方の発展のため様々な分野での事業展開を図ってまいります。

新そばまつり

12月17日(月)

そば祭り

12月9日(日)に大字井上にある東神社にて行われた「新そばまつり」にお邪魔しました。

当日は、とても寒い日となりましたが、そばを求める方々の行列ができるほど、たくさんの方々が訪れていました。

成熟期に昼夜の寒暖差が大きくなるこの時期にできる新そばは、とても美味しいと言われており、挽きたて、打ちたて、ゆでたての地元、井上の地で採れたそばは、風味豊かでなめらかなのど越しです。

機会がありましたら皆さんもぜひ味わってみてください。

そば祭り

平成30年第4回定例会が閉会

12月14日(金)

議会閉会
 11月30日に開会した「平成30年第4回飯能市議会定例会」が、15日の会期を終え、本日閉会となりました。
 上程しました20の案件につきましては、原案の全てを承認、議決、同意いただきました。
 議決された条例、補正予算につきましては、その執行に最大限の努力をして参ります。

奥武蔵らくらく交通出発式

12月13日(木)

有償運送

 この度、NPO法人奥むさしグリーンリゾート「奥武蔵らくらく交通」による公共交通空白地の有償運送が始まることとなり、出発式が行われました。

 吾野・東吾野地区は、西武秩父線が運行し地域内には4駅がありますが、バス路線やタクシー事業者の事務所もなく、高麗川の支流を中心に多数の集落があり最寄りの駅までの距離があるため、車での移動を余儀なくされております。この移動サポートとして、また、地域活性化を促すことを目的として地域から組織が立ち上がりました。

有償運送

買い物、通院の際の送迎や金融機関、公共施設までの送迎など、日常的な生活に使える移動手段が求められていた中で、住民同士が支え合いながら移動手段を確保し、地域が主体となった有償運送を開始できたことはとても素晴らしいことであり、市としても積極的に協力していきたいと思っております。

有償運送

はんのうパンフェスタ2018

12月12日(水)

パンフェスタ

12月9日()に今年で3度目となる「はんのうパンフェスタ2018」が飯能銀座商店街にて開催されました。

当日は、27店舗ものパン屋さんが市内外から出店し、各店舗の自慢のパンを求めに来られた方たくさんの方々が来場し、銀座通りがいっぱいになるほどの賑わいでした。

各店舗とも例年の賑わいを考慮し、たくさんのパンをご用意いただいたようですが、中には販売開始の1時間前から並ぶ方もいらっしゃるなど大盛況となり、お昼頃には完売となる店舗も続出しました。


パンフェスタ
   ご来場いただいたお客さま、また多大なご協力を賜りました出店者、関係業者皆様に心から感謝申し上げます。

美杉台小学校 開校30周年記念式典

12月11日(火)

美杉台小

開校から30年、「美杉台小学校 開校30周年記念式典」が盛大に執り行われました。

 平成元年41日に開校した市立美杉台小学校の全校児童は約300人でしたが、現在は625人と倍増し、数多くの児童を送り出して来ました。

児童代表のことばでは、これまでの伝統を築いてくださった先輩方、先生方、そして地域の皆様に感謝の言葉が述べられた他、校歌にまつわるエピソードも披露されました。

「あいさつで やる気!元気!美杉台小」のキャッチフレーズのとおり、元気に伸び伸びと楽しい学校生活を送り、他人を思いやれる人間に成長されるとともに美杉台小学校が「森のまち木のまち美杉台」のシンボルとして伝統を受け継ぎ、新たな歴史を刻んでいくことを願っています。

飯能市戦没者追悼式

12月10日(月)

追悼式

 飯能市遺族会の主催による「飯能市戦没者追悼式」が厳粛に執り行われました。

 戦後73年が経過し、戦後に生まれた世代が大半を占めるようになり、私たちは平和と繁栄を当然のように考えてしまいがちです。しかし、今日の平和と繁栄は、戦禍の中で亡くなられた多くの方々の尊い犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはいけません。

悲しい戦争を二度と繰り返さないためにも、先人や体験者の言葉、事実を深く受け止めて、しっかりと次の世代へと継承していかなくてはなりません。

戦没者の御霊に謹んで哀悼の誠を捧げますととともにご遺族の皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。

 

フィンランド独立記念日 レセプション

12月6日(木)

フィンランドレセプション

 1917126日、ヘルシンキにあるフィンランド議会はフィンランドが独立宣言をすることを承認しました。独立記念日となる126日、在日フィンランド大使館でレセプションが開催され出席させていただきました。

2019年には日本とフィンランドが外交関係樹立をしてから100年となります。次の100年間も、日本とフィンランドは「一緒に」手をとりあって二カ国関係を深め、よりよい世界を構築していきますというペッカ・オルパナ駐日フィンランド大使からご挨拶がありました。

また、119日に飯能市に「メッツァビレッジ」がオープンしたことが披露されますと、参加者全員から祝福の大きな拍手とともに数々の祝いの言葉を頂戴し、国内にとどまらず海外においても「メッツァビレッジ」、「ムーミンバレーパーク」に対し大きな期待が寄せられていることを実感しました。(写真:メッツァにて)

チームラボ 森と湖の光の祭

12月3日(月)

チームラボ2
 メッツァビレッジで開催される世界で活躍するアート集団「チームラボ」による「森と湖の光の祭」の試点灯を見学してきました。「チームラボ」としては「初」となる湖上でのアートイベントであることから、国内はもとより海外からも大きな注目をいただいております。
 「呼応」というテーマのもと、球体の光のアートに触れると色が変化し、その色が他の球体のアートに波紋が広がるかのように変化するもので、宮沢湖と湖畔の森全体が光と共創するアート空間となっており、幻想的で引き込まれる空間となっていました。
チームラボ3
 また、「チームラボ」の代表者で、世界的に有名な猪子寿之氏とお会いすることができ、素晴らしいアートイベントをメッツァ、飯能市で開催していただいたことに感謝申し上げ、これからも更に飯能市を応援してくださるよう、お願いをさせていただきました。
 このイベントは、来年3月3日までのロングランの開催となります。ぜひ、多くの方に来場いただき、メッツァ、宮沢湖全体が光のアートとなっている空間をご覧いただきたいと思います。
チームラボ1
左から:渡邊基樹株式会社ムーミン物語代表取締役社長、大久保勝飯能市長、猪子寿之チームラボ株式会社代表取締役

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ