防災協定を締結しました

3月29日(金)

 飯能市では、災害時に必要な物資や人の援助を受けられるように、民間企業や団体と協定を結んでおります。これにより地域の防災力を高め、防災・減災対策が充実し強化していくものと考えております。
 このたび、次のとおり防災協定を締結いたしました。
株式会社ゼンリン
 株式会社ゼンリンと平成31年3月14日(木)に、災害時における地図製品等の供給等に関する協定を締結しました。
 本協定により、株式会社ゼンリンより地図等が市に無償で供給され、災害発生時に、即座に広域地図及び住宅地図等を利用し、被害状況等を迅速に確認することができるようになります。
一般社団法人埼玉県LPガス協会西武支部
 一般社団法人埼玉県LPガス協会西武支部と平成31年3月14日(木)に、災害時におけるLPガス等の優先供給に関する協定を締結しました。
 本協定により、災害が発生した場合において、LPガス及びガス設備の優先供給を受けることができるようになります。
 
埼玉県行政書士会
 埼玉県行政書士会と平成31年3月20日(水)に災害時における被災者支援に関する協定を締結しました。
 本協定により、災害が発生した場合において、被災された方々に対し生活再建に必要な罹災証明書の申請に関する無料相談を行うことにより、災害時での各種手続きが円滑に行えるよう支援していただくことになります。
埼玉土地家屋調査士会
 埼玉土地家屋調査士会と平成31年3月28日(木)に災害時における家屋被害認定調査に関する協定を締結しました。
 本協定により、災害が発生した場合において、埼玉土地家屋調査士会と連携した家屋の被害認定調査により、スムーズに罹災証明書の発行を行うことができるようになります。

交通安全ランドセルカバー寄贈式

3月28日(木)

交通安全ランドセルカバー寄贈式
 飯能市立小学校では、平成31年度に536人の新一年生の入学が予定されています。
 このたび、新小学一年生の安全な通学を補助するため、飯能市交通安全推進協議会、飯能地方交通安全協会からランドセルカバーを、飯能警察署から親子で学ぶ交通安全冊子「おけいこランド」を、市内小学校を代表して南高麗小学校 中村校長先生に贈呈しました。
 新小学一年生の皆さんには、このランドセルカバーをつけて元気よく学校に通っていただきたいと思います。
 自動車等を運転される市民の皆さんには、子どもたちが安全に行動しやすいように思いやりを持った運転を心がけていただくとともに、交通事故の撲滅に向け、職場や家庭においても交通安全意識の向上に努めていただくようお願いいたします。

木のおもちゃ贈呈式・木育講演会

3月28日(木)

木のおもちゃ贈呈式・木育講演会1

 飯能市林業センターにて、西川地域林業対策協議会から、飯能市、日高市、毛呂山町、越生町にある36学童保育所・児童クラブへ木のおもちゃの贈呈式が行われました。
 西川地域林業対策協議会は、飯能市、日高市、毛呂山町、越生町と西川広域森林組合、協同組合西川地域木質資源活用センター、西川地区木材業組合で組織され、西川林業地域の市・町が一体となって林業の振興及び発展と森林資源の維持造成を図り、あわせて県土の保全に寄与することを目的として平成5年6月に設立されたものです。


木のおもちゃ贈呈式・木育講演会3
 木のおもちゃ(積み木)は、おぶすま福祉会飯能事業所の皆さんにより、遊ぶ際に怪我をしないよう、一つひとつ丁寧に紙やすりで磨きかけられたものです。
 学童の皆さんには、この木のおもちゃに触れてもらい、木の香りや木のぬくもりを感じていただき、そしておぶすま福祉会飯能営業所の皆さんの想いも感じていただきたいと思います。
 贈呈式の後、木育講演会も行われ、室内の木質化や木製品の使用など、より快適な室内環境が得られる紹介がされており、参加された方は真剣に聞き入っている様子でした。

平成30年度 市立小学校卒業式

3月27日(水)

加治東小学校卒業式1
 過日、市内の14市立小学校で「平成30年度卒業式」が挙行され、加治東小学校の卒業式に出席させていただきました。
 35名の卒業生一人ひとりが、これからの目標や感謝の言葉を述べた後、卒業証書授与され、最上級生としての風格や頼もしさを感じました。 卒業生の皆さんの母校への思い、これまで下級生の先頭に立ってこられた姿は、確実に在校生に引き継がれるものと思います。
 保護者の皆様におかれましては、お子様のご卒業誠におめでとうございます。心からお祝いいたします。小さな身体に大きなランドセルを背負い小学校の門をくぐった6年前を思い起こされたことと思います。
 大きな志と夢を持ち、立派な中学生となることを大いに期待しています。

飯能市・横浜市中区友好交流代表者会議

3月26日(火)

飯能市・横浜市中区友好交流代表者会議
  本市は、平成26年3月に「飯能市と横浜市中区との友好交流に関する協定」を締結しました。そして、この協定の趣旨を実現するための「飯能市・横浜市中区友好交流連絡協議会」を設置しており、構成団体の代表者による会議が開催されました。
 協議会は、飯能市、横浜市中区、飯能商工会議所、横浜商工会議所、西武鉄道株式会社及び横浜高速鉄道株式会社で構成され、本市と横浜市中区それぞれの地域の活性化を図る交流事業やイベントの開催の他、西武鉄道池袋線及び横浜高速鉄道みなとみらい線と連携した、両市区の魅力をアピールする事業を展開しています。

平成30年度 市立中学校卒業式

3月25日(月)

平成30年度 市立中学校卒業式
 過日、市内の8市立中学校において「平成30年度 卒業式」が執り行われました。この日、卒業式を迎える中学生は全校で634人、私は、南高麗中学校の「第72回卒業証書授与式」に出席させていただきました。
 卒業証書を手渡された生徒一人一人からは、地域の方や先生、家族への「感謝の言葉」、「自ら行動し夢に向け頑張ります」、「何事にも全力で取り組みます」など、感謝と決意が述べられました。
 9年間の義務教育を終え、新たなステージへと旅立っていく卒業生の皆さん、本気で取り組めば夢は必ず叶い、人を応援すれば人も必ず応援してくれます。南高麗中学校の生徒であったことを誇りに、中学生活で学んだ全てのことを糧として、次のステージで大きく羽ばたかれることを願っています。
 ご卒業おめでとうございます。

美杉台保育所卒園式

3月22日(金)

美杉台保育所卒園式1
 過日、美杉台保育所の卒園式が執り行われました。 
 美杉台保育所へは、何度か訪問させていただき、児童と給食を一緒にしたり、紙芝居を読んだりと、たくさんの思い出があり、そのことをお話しさせていただきましたところ、子供たちも覚えていてくれており、私は胸が熱くなりました。
 卒園証書を受ける卒園児たちは、凛々しくそして立派に見えました。これからも新たな環境で成長していく姿を見守っていきたいと思います。
美杉台保育所卒園式2

「ムーミンバレーパーク」市民招待券贈呈式

3月20日(水)

「ムーミンバレーパーク」の市民優待について
 過日、「ムーミンバレーパーク」を運営する㈱ムーミン物語様から飯能市に対して、「ムーミンバレーパーク」への招待券をご寄贈いただきました。
 これは、株式会社ムーミン物語様から、飯能市民が人生の節目を迎えるその時に、贈呈したい旨のご提案をいただいたものです。
 メッツァの完成は飯能市の新たな出発点だと思っております。夢ある招待券をご寄附いただき深く感謝申し上げます。
 ご寄附いただきました「ムーミンバレーパーク」の招待券は、市内に在住される方のうち、ご結婚された方や新成人、新小学1年生とその保護者の皆様を対象に、市において招待券の配布を行います。

「飯能市平和都市宣言」を制定しました

3月19日(火)

平和都市宣言1
 「ムーミンバレーパーク」がグランドオープンした16日、「飯能市平和都市宣言」を制定しました。
 国内はもとより世界が注目するこの日は、本市が明るい未来に向けて躍進していくまたとない日です。
 平和への願いが込められた「平成」という元号の意志を、新たな時代へと引き継ぐとともに本市の平和に対する決意を、市内外に広く表明することで、改めて平和の大切さを認識し、平和社会の実現を目指すことで、世界の恒久平和に貢献しようとするものです。
平和都市宣言2

飯能市平和都市宣言

 世界の恒久平和は、人類共通の願いです。
 戦争や核兵器の使用を許さず、また、人々の穏やかな日常を脅かす差別や貧困、環境破壊などをなくすため、世界の国や地域が共に手を携え、平和への歩みを進めていかなければなりません。
 本市は、戦争の悲惨さと核兵器の恐ろしさを決して忘れません。
 そして、豊かな自然や文化、人々の優しさや思いやりの心を次世代に引き継ぎながら、誰もが笑顔にあふれ幸せに暮らせる社会の実現を目指します。
 ここに、明るい未来を展望し、世界の恒久平和に貢献することを誓い、「平和都市」を宣言します。

平成31年3月16日
                飯能市長 大久保  勝

「ムーミンバレーパーク」グランドオープン

3月18日(月)

「ムーミンバレーパーク」グランドオープン1

 市民待望、そして世界が注目する「ムーミンバレーパーク」が、遂にグランドオープンしました。本国フィンランド以外では世界発進出となる、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」には、午前10時の開園を待ちわびる大勢のお客様で長蛇の列ができました。
 「オープニングセレモニー」には、埼玉県知事の他、駐日フィンランド大使、ソフィア・ヤンソン氏、地元、精明小学校の児童とその保護者、そして多くの関係者が出席し、「ムーミンバレーパーク」のグランドオープンを喜び、メッツァ全エリアのフルオープンを祝いました。


「ムーミンバレーパーク」グランドオープン5
 世代を超え、世界中の多くのファンに愛され続ける「ムーミン」と「ムーミンファミリー」が、日本に、そして我が飯能市に降り立ってくださいました。
 2015年6月の、東京プリンスホテルでの記者会見から約4年、この日を迎えられたことは感無量であり、ここに至るまでの様々な出来事が思い起こされ、万感の思いでテープにハサミを入れさせていただきました。
 ムーミンは人を思いやる心、人を応援する心の持ち主とお聞きします。飯能市民、そして多くのムーミンファンに支えられ、「ムーミンバレーパーク」が末永く愛され続けることを願っています。
左から ソフィア・ヤンソン氏、大久保勝 飯能市長、渡邊 基樹 株式会社ムーミン物語代表取締役社長
「ムーミンバレーパーク」グランドオープン6

ムーミンバレーパークオープニングレセプション

3月15日(金)

ムーミンバレーパークオープニングレセプション3
 本日、ムーミンバレーパークオープニングレセプションに出席いたしました。
 レセプションでは、ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソン氏の姪にあたるソフィア・ヤンソン氏、ペッカ・オルパナ フィンランド駐日大使をはじめ、多くの来賓の方をお迎えして開催され、ムーミンファミリーも登場し、歓迎してくれました。
 明日16日、午前10時から、いよいよグランドオープンです。
 世代を超えてたくさんの方から愛される施設となることを期待しています。
ムーミンバレーパークオープニングレセプション2
ムーミンバレーパークオープニングレセプション7
              左から ソフィア・ヤンソン氏、大久保勝 飯能市長
ムーミンバレーパークオープニングレセプション1

第34回奥武蔵駅伝スポーツ少年団交流大会

3月14日(木)

奥武蔵駅伝スポーツ少年団交流大会1
 早春の風物詩であります「第34回奥武蔵駅伝スポーツ少年団交流大会」が阿須運動公園内で開催され、女子の部 15チーム、男子の部 31チーム、計46チームが参加されました。
 大会当日は天候にも恵まれ、日頃スポーツに励んでいる選手の皆さんが、元気な走りを見せてくださいました。この駅伝大会をとおして、選手たちの交流が深まり、より一層、結束力が強くなりますことをご期待申し上げます。
奥武蔵駅伝スポーツ少年団交流大会2

【結果】
≪女子の部≫ 
 優 勝 加治エースA
 準優勝 美杉台チェリーズA
 第3位 富士見ボンバーズミニバス女子A


≪男子の部≫
 優 勝 飯能ブルーダージュニアA
 準優勝 飯能ブルーダージュニアB
 第3位 双柳スポーツ少年団 サッカー部NMFC Aチーム


震災復興元気市

3月13日(水)

災害復興元気市1
 東日本大震災の発生から8年、「復興元気市」が開催され、約4万3千人の来場者で賑わいました。
 被災された東北の各県及び熊本県からも多数のご出店をいただき、名産品の販売や飲食ブースが軒を連ね、産地ならではの味を求め、長い列となっていました。また、ブースでは来場者からの復興を願う励ましの声も多く聞かれ、改めて被災された皆さんへ向けられた応援する心、復興を願う強い想いが感じられました。
災害復興元気市3
 会場に設置されておりました震災による大津波で被災したの東禅寺から法光寺へ預けられた釣り鐘を突かせていただき、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福と一日も早い復興を祈願いたしました。
 被災された皆さんが、ふるさとの町に帰り、もとの生活に戻れますことを心よりお祈りするとともに、心を寄せ続け、復興の一助となるよう微力ではありますが、支援させていただきたいと思います。

飯能駅リニューアル記念セレモニー

3月12日(火) 

飯能駅竣工セレモニー1
 西武池袋線飯能駅のリニューアル工事が完了し、駐日フィンランド大使ペッカ・オルパナ氏をお迎えし、記念セレモニーが開催されました。
 西武鉄道株式会社とフィンランド大使館の共催による、飯能駅リニューアルデザインコンペの最優秀作品によるもので、自然環境のサイクルと人間の動きを対比させ、空間全体を使って観光客も地域住民も、それぞれ行きたい方向に誘導できる環境を創ることを目指したデザインとなっています。
 メッツァをはじめ、天覧山・多峯主山、飯能河原、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園など、都市回廊空間への玄関口として、自然あふれる飯能にふさわしい駅へとリニューアルしました。
飯能駅竣工セレモニー3

右からフィンランドデザイナー N.E.O ark氏、ペッカ・オルパナ フィンランド大使館駐日大使、 若林久 西武鉄道株式会社代表取締役社長、 大久保勝  飯能市長


東日本大震災から8年

3月11日(月)

東日本大震災から8年
 開会18日目を迎えた平成31年第1回飯能市議会定例会では、市政に対する一般質問がおこなわれましたが、開会に先立ち、発生から8年となる東日本大震災により亡くなられた方に黙とうを捧げました。
 東日本大震災では、亡くなられた方や行方不明者など約22,000人が犠牲となり、今も約3,100人が仮設住宅で過ごし、約52,000人が避難生活を送られているということです。
 昨年の夏に、津波で被災した宮城県を訪れた際、復旧工事が進められ復興に向けた取り組みがなされていましたが、被災された皆さんが元の生活を取り戻すまでには、まだまだ時間がかかると感じたところです。
 これからも被災地に心を寄せて応援していこう思います。
 改めて、東日本大震災で亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。

赤色誘導棒寄贈式

3月8日(金)

防犯用赤色誘導棒寄贈
 この度、有限会社西武設計様から、地域の防犯活動に役立てていただきたいとお申し出をいただき、赤色誘導棒50本を寄贈していただきました。
 西武設計様からは、平成20年度から赤色誘導棒や横断旗を長年にわたりご寄贈いただいており、感謝申し上げます。
 この赤色誘導棒は自治会などへ配布し、地域での防犯パトロールに活用させていただきます。
 今後も引き続き、警察や関係機関と連携し、市民の皆様の協力を得ながら、安全・安心なまちづくりに取り組んでまいります。

「なぐり見聞食ブラさんぽonひなまつり」

3月6日(水)

「なぐり見聞食ブラさんぽonひなまつり」3
「第5回 なぐり見聞食ブラさんぽonひなまつり」におじゃましました。
「なぐり見聞食ブラさんぽ」は、名栗地区の入間川沿いに点在する神社などのパワースポットを、ブラブラと散歩しながら歴史や文化などに触れ、グルメを楽しんでいただくとともに地元ならではの逸品をお買い求めいただけるイベントです。

「なぐり見聞食ブラさんぽonひなまつり」4
 今回は、「飯能ひな飾り展」に合わせて地域の皆様や名栗幼稚園、名栗小学校の園児・児童にも参加していただき、西川材の丸太等に絵付けをした「おひな様」が多数展示されていました。
 「飯能ひな飾り展」は、市内132の会場で、3月10日(日)まで開催していますので是非お出かけください。

東吾野小学校「閉校記念式典」

3月5日(火)

東吾野小学校「閉校記念式典」1
 明治17年の開校以来、大正・昭和・平成と正に激動の時代を134年にわたり、子供たちの健やかな成長を見守り続けてきた、東吾野小学校の閉校式が執り行われました。
 あいにくの雨模様となり、寒い体育館での式典に、出席者の体を案じていましたが、式場全体が適温に保たれていたことは、閉校式典に寄せる実行委員の皆様の強い思いの表れであると感じたところです。
 式典では、「小学校のあり方を検討する会」の経過報告をはじめ、主催者のごあいさつからは、「東吾野小学校」の数々の思い出とともに新たに開校する「奥武蔵創造学園」への大きな期待をお聞きし、飯能市長として皆様の思いを十分に受け止めさせていただきました。
東吾野小学校「閉校記念式典」2
 また、「東吾野小学校 ありがとう、奥武蔵創造学園 未来に栄光あれ」と記された記念誌からも、「東吾野小学校」の134年の歴史とともに児童や関係者の皆様の学校への思いを読み取ることができました。
 4月の「奥武蔵小学校」の開校に伴い閉校となりますが、学校を中心に培われてきた地域の絆は、これからも益々深まっていくことを願っています。
 「東吾野小学校」を支えてくださいました地域の皆様、関係者の皆様、長い間大変ありがとうございました。

「飯能大河原線」開通式

3月4日(月)

飯能大河原線開通式1

 事業年度8年を要し、念願の「飯能大河原線」の開通式を迎えることができました。
 道路延長830m、一日当たりの計画交通量は約6,700台を見込み、高機能舗装による「騒音の低減」と「排水性の向上」を図りました。
 また、入間川に架かる延長84mのアーチ橋「飯能茜台大橋」からは、吾妻峡の美しい景観を見渡すことができるとともに、その橋名のとおり「飯能」と「茜台」の地域と地域をつなぐ重要な架け橋となります。


飯能大河原線開通式2-1
 この度の開通は、飯能大河原工業団地への「産業道路」として、また、市民の皆様の「生活道路」として、そして都市回廊スポットへの「アクセス道路」として大きく役立てられるものと期待するところでございます。
 改めて、「飯能大河原線」の開通に際し、ご理解とご協力を賜りました、地権者の皆様をはじめ、ご尽力くださいました全ての皆様に、心からの御礼を申し上げます。
飯能大河原線開通式3

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ