ヒロシマ・ナガサキ原爆写真パネル展

7月23日(火)

ヒロシマ・ナガサキ原爆写真パネル展


本市は、明るい未来を展望し、世界の恒久平和に貢献することを誓い、3月16日に「平和都市宣言」を制定しました。

市立博物館では、このことを記念して「ヒロシマ・ナガサキ原爆写真パネル展」を開催しています。

ヒロシマ・ナガサキ原爆写真パネル展

戦争の悲惨さや核兵器の恐ろしさを決して忘れず、平和への願いを令和の新しい時代に引き継いでいくため、ヒロシマ・ナガサキの原爆被害の実相を伝える写真パネルを、広島平和記念資料館からお借りし展示しています。

74年前の原爆による被害の実相を理解し、平和への意識を高めていただけることを願っています。

なお、この展示は8月25日(日)まで開催しておりますので、多くの皆さまにご覧いただきたいと思います。

飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業

7月22日(月)

飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業

 友好都市の茨城県高萩市から高萩市スポーツ少年団選抜野球チームのみなさんにお越しいただき、「飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業」を開催しました。

 この事業は、野球、サッカー、ミニバスを通じて、スポーツによる青少年の健全育成の実現を目指す他、各単位団がスポーツに留まらず自主的かつ自由な交流が行える環境を構築することを目的に開催しています。
飯能市・高萩市スポーツ少年団友好都市交流事業


 第14回を迎える今回は、飯能市民球場を会場に熱戦が繰り広げられ、高萩市チームが見事勝利を納めました。

飯能河原「川開き」

7月17日(水)

飯能河原「川開き」


本格的な夏のレジャーシーズンを迎え、飯能河原の「川開き」が行われました。

 例年、多くの家族連れや観光客で賑わう飯能河原ですが、お見えになる方からは、子供の頃に家族でよく来ましたという声をお聞きします。家族に連れられて来ていた子供たちが、成長し新しい家族をつくり再び来ていただけていることを大変うれしく思います。

飯能河原「川開き」


 周辺には、ビジターセンターを備えた博物館「きっとす」や「天覧山」、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」、「メッツァ」など見どころ遊びどころが盛りだくさんです。

マナーを守り安全に楽しい夏休みを過ごしていただきたいと思います。

「子ども大学はんのう」開校式

7月16日(火)

子ども大学

「子ども大学はんのう」は、市内在住の小学生を対象に、学校では学ぶことができないことを、大学の先生や専門家の方々により授業を行うものです。

今回は、駿河台大学のキャンパスなどを会場に50人の小学生が参加し、「行き方学」では「お金博士になろう!」、「親子で楽しむコオーディネーション!」、「はてな学」では「飛行機はなぜ飛ぶのか?」、「もっと知りたい!卵のこと」、「音の鳴るしくみを知って、楽器を作ってみよう」など、実験や実技を交えて5日間にわたり学んでいただきます。

この「子ども大学はんのう」を通じて、日常生活での様々な事に興味や関心を持っていただき大きく成長されることを願っています。

公共下水道笠縫雨水幹線建設工事

7月5日(金)

笠縫雨水幹線建設工事②

 近年、集中豪雨や市街地の雨水流出量の増大により、人命や社会生活に影響を与える災害が全国的に発生しています。

 本市においても、平成28年に笠縫土地区画整理地内の調整地から溢水する事態が発生していることから、国土交通省との「災害復旧支援活動に関する協定」により、日本下水道事業団と委託協定を締結し、平成30年度から5年間にわたり雨水幹線の整備を進めています。
笠縫雨水幹線建設工事



 今年度の工事は、水式推進工法で120tのクレーンを使い、管径2000㎜という巨大な雨水管を布設しています。担当技術者から施工に係る詳細説明を受け、工事が確実に進められていることを確認しました。


笠縫雨水幹線建設工事①
工事期間中は、周辺住民の皆様にご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

小岩井元小岩井線(市道1-2602号線)改良工事

7月4日(木)

小岩井・元小岩井線①



 昨年9月より全面通行止めにて工事を進めています「小岩井元小岩井線(市道1-2602号線)改良工事」については、橋りょう区間の伐採作業及び現道の路肩を補強する擁壁工事が完了し、4月からは橋りょう本体である橋桁や橋脚工事を始めています。

小岩井・元小岩井線②



 同改良工事の工事延長は270mで、橋りょう区間は142.8m(立体ラーメン鋼製桟道橋)、有効幅員は8.8mで、令和2年度末の完成に向けて工事を進めています。

工事期間中は、周辺住民の皆様にご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ