飯能市職員の逮捕について

6月22日(月)

 本日、本市職員が窃盗の容疑で逮捕されました。

 このたびの本市職員の不祥事に関しまして、関係団体の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、そして、行政に対する市民の皆様の信頼を大きく失墜させたことに対しまして、心から深くお詫び申し上げます。

 当該職員の処分については、今後の捜査の進展状況、事実関係の内容を踏まえ、厳正に対処してまいります。

 このような不祥事を二度と起こさないよう、改めて全職員に法令順守を徹底させるとともに、全庁を挙げて再発防止に取り組み、皆様の信頼を一日でも早く回復できるよう全力を尽くしてまいります。

令和元年第2回飯能市議会定例会 閉会

6月19日(金)

議会閉会
 今月5日に開会しました令和2年第2回飯能市議会定例会が、15日間の会期を終え本日閉会しました。
 専決処分をはじめ条例案、補正予算案などについて、慎重にご審議をいただき、いずれも原案を承認、議決、同意をいただきました。
 議決いただきました条例、補正予算につきましては、その執行に最大限の努力をしてまいります。

「飯能エールプロジェクト」が始動!

6月9日(火)

飯能エール


 新型コロナウイルス感染症の影響で苦境に立つ飲食店などの支援事業の一環として立ち上がった市内商店街有志による「飯能エールプロジェクト実行委員会」の皆様が事業内容の報告にお越しくださいました。
 「飯能エールプロジェクト」は、市内の事業者を支援する目的で実施されるもので、インターネットによるクラウドファンディングと窓口販売の2つの方法からプレミアム分30パーセントが上乗せされたチケットを購入いただき、8月から10月までの間に市内全域の参加店舗等でご利用いただくというものです。

飯能エールプロジェクト
 地元の若い力を集結し、このような素晴らしい事業を立ち上げ、ご尽力いただいておりますことに深く感謝申し上げます。
 多くの皆様にプレミアム付きのチケットをご購入いただき、この飯能エールプロジェクトを通じて、市内事業者そして経済の活性化にお力添えをいただくとともに、本市といたしましてもこの事業を支援してまいります。

令和2年第2回飯能市議会定例会 開会

6月5日(金)

議会開会
 令和2年第2回飯能市議会定例会が本日開会し、6月19日までの15日間の会期で審議が行われます。
 新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、議場入口での手指消毒、マスクの着用、こまめな換気、隣の席を空けて着席しています。
 今回上程する議案は、条例案14件、補正予算案6件、事務組合の規約変更について1件の合計21件の他、人権擁護委員候補者の推薦についてなどの人事案件12件を議案として追加提出させていただく予定です。
 本議会では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている地域経済や市民生活を支援し地方創生を図るため、国において創設された「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」などを活用した、本市での緊急経済対策に係る補正予算案などを審議していただきます。

心温まるメッセージをありがとうございました

6月2日(火)

メッセージ


 本市では、5月1日に「特別定額給付金対策室」を設置し、市民のみなさまからの郵送やオンラインにより申請された「特別定額給付金」の書類確認や口座への振り込み手続きを行っています。
 既に、9割を超える市民の皆様からの申請が済んでおりますが、申請がお済みでない方はお早めに申請くださいますようお願いいたします。

メッセージ


 一日も早く市民の皆様に「特別定額給付金」をお届けしたいという気持ちで事務を行う職員に、とても力強い応援が届けられています。
 それは、申請書に添えられたり、給付金を受け取った後に届けられる数多くの「メッセージ」です。

   ・新型コロナウイルスが蔓延する中、遅くまでの勤務感謝します。
   ・大変な中、市民の為にありがとうございます。
   ・迅速に対応していただきありがとうございました。
   ・特別定額給付金を受け取りました。誠にありがとうございました。
   ・特別定額給付金をいただき心から感謝いたします。大切に使わせていただきます。
   ・お陰様で自粛生活の中にも楽しみを見つけて過ごしています。



 全てをご紹介することはできませんが、多くの市民のみなさまからの心温まるメッセージ、本当にありがとうございました。

工夫を凝らした高校生地方大会の開催に関する要望

6月1日(月)

高校大会要望

 

 新型コロナウイルスの影響により、全国高校総合体育大会(インターハイ)の開催が中止となり、次いで、全国高等学校野球選手権大会(夏の高校野球)の開催も中止決定され、大きな目標に向かって練習を重ねてこられた高校生の皆さんにとりましては、非常に残念な知らせとなりました。

高校大会要望


 全国規模での大会は既に判断がなされましたが、関東、または埼玉県規模で工夫を凝らして、時代を担う若者たちが青春の日々を打ち込んできた、その成果を発揮できる場所を設けていただきたいという思いから、埼玉県西部地域まちづくり協議会を構成する所沢市・飯能市・狭山市・入間市・日高市の5市長が県庁を訪れ、大野元裕知事及び髙田直芳教育長に「工夫を凝らした高校生地方大会の開催」を要望させていただきました。

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ