埼玉県知事が来飯されました

8月28日(金)

ふれあい訪問②
 大野元裕埼玉県知事が来飯されました。
 地域の実情を把握するとともに、県政に的確かつ迅速に反映するための「知事のふれあい訪問」として本市にお越しくださいました。
 西川材の魅力を形にする「特定非営利活動法人名栗カヌー工房」、ウイルスに負けないチーム作りと試合運営に取り組む「(株)エルフェンスポーツクラブ・ちふれASエルフェン埼玉」、発酵を通じて新しい発見、感動「(OH! 発酵、健康、食の魔法」をご覧いただきました。
ふれあい訪問③
ふれあい訪問⑤
ふれあい訪問⑦
ふれあい訪問①
ふれあい訪問④
ふれあい訪問⑥

定例記者会見

8月27日(木)

記者会見
 本日、9月議会に先立ちまして定例記者会見を開催いたしました。
 今回は、9月議会提出案件や「飯能市GIGAスクール構想スタートについて」、「名栗中学校の廃止及び名栗中学校生徒の原市場中学校への編入について」、「新型コロナウイルス感染症の対応ついて」、「阿須山中土地有効活用事業の進捗状況について」、「職員の不祥事に関する報告について」を発表しました。
  ※定例記者会見の内容はこちらからご覧ください。→ 8月27日定例記者会見

「災害時における物資提供等の協力に関する協定」を締結しました

8月26日(水)

災害協定
 このたび、ムサシ王子コンテナー株式会社と「災害時における物資提供等の協力に関する協定」を締結しました。
 この協定の締結により、市内で地震等による災害が発生した場合には、段ボールベット、連続段ボールシートなどを供給いただけることとなります。
 避難所での高齢者などへのベットの供給やプライバシーの保護、ソーシャルディスタンスを保つためのパーテーションとして、工具なども使わず簡単に組み立てられる段ボールは、大いに活用できるものと思って おります。
 今後も、民間企業や団体と協力し、地域の防災力を高め、防災・減災対策を充実させてまいります。

「災害時における無人航空機(ドローン)を活用した被害状況調査等に関する協定」を締結しました

8月18日(火)

災害協定①


 本市は、株式会社チーム関東(測量・設計会社。所在地:飯能市大字川寺)と「災害時における無人航空機(ドローン)を活用した被害状況調査等に関する協定」を締結いたしました。
 

災害協定③


 この協定の締結により、市内で地震等による災害が発生した場合には、ドローンを用いて上空からの映像や画像等を情報収集することが可能となります。
 

災害協定②
 山間地域を有する本市では、人の立入りが困難な場所も多く、被害状況の的確な把握や救助活動、復興を目的とした状況把握など、ドローンの活用に大きな期待を寄せております。
 今後も、いざという時に迅速な対応ができるよう、災害に強いまちづくりを推進してまいります。

J-WAVE 81.3FМ CМ収録

8月12日(水)

J-WAVE
 FМラジオ放送局「J-WAVE(81.3MHz)」の、CМ収録を行いました。
 CМは、本市のふるさと納税をお知らせする内容で、20秒のCМを4種類収録しました。
 本市へのふるさと納税や返礼品、市のイメージを20秒にギュッと凝縮したもので、決められた時間内に一言でも多くお伝えしようととても苦労しました。
 放送は、9月1日から30日までの月曜日から木曜日、時間は午前7時30分前後と8時30分前後の予定です。是非、お聞きください。

ノーラ名栗(Nolla naguri)ニューオープン

8月11日(火)

ノーラ①

 

 ノーラ名栗(Nolla naguri)が、8月1日にニューオープンいたしました。
 8日(土)には、「ノーラ名栗ニューオープン記念式典」を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の県内、国内の感染状況を踏まえ、来場されるご来賓の皆様、関係者の皆様の、健康、安全を第一に考え中止といたしました。

ノーラ②
 ノーラ名栗は、観光的視点を取り入れ、地域に賑わいや交流をもたらし、地域への経済波及効果や市全域の75%に及ぶ森林の新たな利活用に繋げていくための地域の拠点施設として整備してきたものです。
 北欧風のバーベキュー、フィンランド式のテントサウナ、旬の野菜・果物・加工品などのマーケット、イベントステージを備え、来年春には、宿泊施設となるグランピング施設も完成し、グランドオープンする予定です。
ノーラ④
ノーラ⑤
 ノーラ名栗では、新型コロナウイルス感染拡大防止と社会経済活動の維持の両立を図っていくための一つのモデルとなるよう、しっかりとした対策を講じつつ、安全・安心で選ばれる施設を目指し、運営を行ってまいります。

令和2年第3回飯能市議会臨時会

8月6日(木)

臨時議会
 本日、令和2年第3回飯能市議会臨時会が開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている地域経済や市民生活を支援し、地方創生を図るために創設されました「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」などを活用した、本市の第2次緊急経済対策事業を実施するため、補正予算案を提案し、原案を議決いただきました。
 議決いただきました補正予算につきましては、安定した市民生活、安心と安全、市内経済を最優先に、緊急性、即効性をもって取り組んでまいります。

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ