令和2年第5回飯能市議会定例会 開会

11月27日(金)

議会開会
 令和2年第5回飯能市議会定例会が本日開会し、12月15日までの19日間の会期で審議が行われます。
 今回上程する議案は、条例案4件、補正予算案11件、公の施設の指定管理者の指定について3件、道路議案1件の合計19件です。また、最終日には人事案件として、人権擁護委員候補者の推薦について1件の提出を予定しています。

定例記者会見

11月20日(金)

定例記者会見
 本日、12月議会に先立ちまして定例記者会見を開催いたしました。
 今回は、12月議会提出案件や「旧東吾野小学校及び旧吾野小学校の跡地利用について」、「ウィズコロナが本市にもたらす新たの人の流れについて」、「新型コロナウィルス感染症の対応について」、「職員の給与改定等について」、「飯能市ふるさと納税の新規返礼品のご紹介について」を発表しました。
   ※定例記者会見の内容はこちらからご覧ください。→ 11月20日定例記者会見

地区スポーツ協会対抗グラウンド・ゴルフ大会

11月16日(月)

グランドゴルフ

 第7回地区スポーツ協会対抗グラウンドゴルフ大会が、原市場小学校校庭において開催されました。

 大会の開催にあたり、新型コロナウイルス感染症防止として、参加者ごとの健康状態等を確認するチェックリストが配布され、注意事項を周知するとともに、当日の体温、直近2週間以内の海外への渡航歴などを報告するほか、競技コースの各所に消毒液を設置するなどしっかりと対策が施されていました。

グランドゴルフ

 当日は、雲一つない青空、「日本晴れ」ならぬ「はんのう晴れ」の日和で、秋のスポーツを楽しむには最高の一日となりました。

 大会は、各地区の代表7名ずつによるトータルスコアで順位を決定する地区対抗戦で、ハイレベルな戦いが繰りひろげられました。

 これからもスポーツで体の免疫を向上させ、ぜひコロナに負けない健康づくりにつなげていただきたいと思います。

森林整備・木材利用等に係る埼玉県知事及び埼玉県議会議長への要望を行いました

11月13日(金)

林業対策協議会要望
 昨日、西川地域林業対策協議会の会長として、森林整備の推進や県産木材の利用拡大などについて、埼玉県の大野知事及び埼玉県議会の田村議長に要望してまいりました。
 森林は、木材生産だけでなく、水源かん養や県土の保全、地球温暖化の防止等、県民全体の生活に深く関わっており、森林を大切に守り、育てていくことは非常に重要です。しかし、森林・林業を取り巻く環境は、依然厳しい状況です。昨年、森林環境譲与税が導入されましたが、都市部の自治体では有効に活用されていない実態があります。
林業対策協議会要望
 上流域の山間部では、森林整備によって森林を健全に保全し、人々の生活や生産活動など社会経済基盤として不可欠な貴重な水源を守るとともに、水害の発生を防ぐなど下流域の都市部の安心安全な日々の暮らしを支えています。私からは、県の働きかけによって、上流域と下流域の連携を強め、都市部に配分される森林環境譲与税が山間部の森林整備や木材利用に活用されるよう、強く要望させていただきました。
 今後も水源地を持つ上流域の自治体の責務として、埼玉県のご支援をいただきながら、森林整備や地元西川材の利用促進に積極的に取り組み、森林機能の最適化に取り組んでまいります。

石田安良氏 林野庁長官から表彰

11月12日(木)

石田安良氏
第59回農林水産祭における全国林業経営推奨行事における優秀者として、本市白子在住の石田安良氏が、本郷浩二林野庁長官から表彰され、その報告にお越しくださいました。
 石田氏は、高品質な西川材の生産を目標として、自身が所有する山林において、適期の枝打ち、間伐を集約的に実施し、注文材を主体とした非皆伐施業を行いながら、長伐期の大径材の山林に仕立てておられます。
 また、これまでに地元の西川広域森林組合の代表理事組合長をはじめ飯能市エコツーリズム推進協議会会長などを務め、森林施業の集約化と路網整備、地域のエコツーリズムの定着などに大きく貢献されたことも、この度の受賞に大きく繋がっております。
 石田様には、本市の林業振興に更なるご尽力を賜りますことをお願いさせていただきました。
 この度の受賞、誠におめでとうございます。

新本牧ウォーキングクラブ 第300回記念ウォーク

11月11日(水)

新本牧ウォーキングクラブ

 


 横浜市の「新本牧ウォーキングクラブ 第300回記念ウォーク」が本市を会場に開催されました。
 新本牧地区のみなさんなどが所属する「新本牧ウォーキングクラブ」は、1996年4月に創立し、今年25周年を迎えました。

新本牧ウォーキングクラブ


 横浜市内をはじめ、市外、県外でウォーキングをおこなって来られましたが、記念すべき第300回目のウォーキングに、横浜市中区との友好交流協定を締結している本市を選んでくださいました。
 秋色に染まった天覧山、飯能河原などを散策された後、市内でのお買い物、お食事をお楽しみいただきました。

新本牧ウォーキングクラブ

横浜市中区長、副区長が来飯されました

11月10日(火)

横浜市中区長、副区長


 本市と友好交流協定を締結しています、横浜市中区の直井ユカリ区長、吉田美幸副区長がお越しくださり、8月にグランドオープンした「ノーラ名栗」と先月にオープンした「OH!発酵、健康、食の魔法!!!」を視察されました。

横浜市中区長、副区長


 直井区長は、今年4月に第40代の中区長に就任されました。学生時代は山岳部に籍を置かれ登山の経験も大変豊富とのことです。

 新型コロナウイルス対策を始めとし、多忙の日々をお過ごしのことと存じますが、本市にはバラエティーに富んだ幾つものハイキングコースがございますので、是非、お越しいただき錦秋の飯能市をお楽しみいただければと思います。

横浜市中区長、副区長
      横浜市中区の益々のご発展と直井区長のご健勝を心より祈念いたします。

「WEリーグ」 初代チェア 岡島氏 来飯

11月9日(月)

WEリーグ
 2021年秋にスタートする日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」の初代チェアとなられた岡島喜久子氏が来飯されました。
 この度の来飯は、「WEリーグ」への参入が決定した、本市の茜台に活動拠点を置く女子サッカーチーム「ちふれASエルフェン埼玉」の飯能グランドの視察と「WEリーグ」への「参入決定通知書」を同チームに授与するためです。
 飯能グランドの立地環境、クラブハウスの設備、チームのサポート体制に岡島チェアはとても感心されておりました。
 「WEリーグ」を盛り上げ、選手の力を引き出していくためには、多くのみなさんに女子サッカーに関心をお持ちいただき、試合会場に足を運んでいただくことがとても大切です。
 「ちふれASエルフェン埼玉」の「WEリーグ」での活躍はもとより、女子サッカーが注目され、本市の「スポーツ振興」、「青少年の健全育成」及び「地域振興」が図られることを願っています。

第45回埼玉県スポーツ少年団小学生軟式野球交流大会で「西埼玉少年野球」が優勝!

11月6日(金)

西埼玉少年野球
 過日、県営大宮球場で開催された「ロジャースカップ争奪第45回埼玉県スポーツ少年団小学生軟式野球交流大会」で、本市の軟式少年野球チーム「西埼玉少年野球」が優勝し、その報告にお越しくださいました。
 森田主将からは、大会を振り返り「ピッチャーが良かった」とのお話もありましたが、決して一人だけの力で成し遂げたものではないと思います。選手一人ひとりの勝ちへの思い、監督、コーチ、保護者のみなさんなどのご指導や支えが優勝に結びついたものと思います。
 これからも、周囲のみなさんや仲間への感謝の気持ちを決して忘れることなく、全力でプレイしていただきたいと思います。

令和2年 飯能市表彰式

11月5日(木)

市表彰
 市の発展に寄与されたみなさま、また、広く市民の模範となるべき功績のあったみなさまをお迎えし「令和2年 飯能市表彰式」を執り行いました。
 地方自治の振興をはじめ、消防業務に貢献、社会福祉の増進、保健衛生の改善向上、産業の開発振興、教育・文化・体育の向上などに寄与されたみなさまを表彰申し上げるとともに、市に対して多額のご寄附をいただいたみなさまに感謝状をお贈りしました。
 なお、広く社会に貢献し年齢が満90歳となられた方の表彰式への列席は、新型コロナウイルスへの感染防止のため中止とさせていただきました。
市表彰
市表彰
市表彰
市表彰
 受章された皆様に心からの敬意と感謝、お祝いを申し上げますとともに、引き続き本市発展のために限りないご支援とご協力をお願いいたします。

飯能市戦没者追悼式

11月4日(水)

戦没者追悼式
 戦没者のご遺族、関係各位のご列席をいただき「飯能市戦没者追悼 式」を執り行いました。
 ご遺族代表の方からは、家族を案じつつ戦場に倒れられた父親との幼い頃の想い出や面会時の記憶が静かに語られ、私も目頭が熱くなるのを感じました。
 本市では、昨年3月に、誰もが笑顔にあふれ幸せに暮らせる社会の実現を目指して「平和都市」を宣言しました。先の大戦から75年、悲惨な戦争を決して忘れることなく、二度と繰り返さないとの強い思いから平和への努力を続けてまいります。

樋口久子 三菱電機レディス2020

11月2日(月)

三菱電機レディース
 10月30日から11月1日までの3日間、市内の武蔵丘ゴルフコースで、JLPGAツアー「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」が開催されました。
 例年、市内の中学生が社会勉強の一環として、ボランティアとして大会運営に関わらせていただいておりますが、今大会につきましては、新型コロナウイルスの影響により、ギャラリー、選手、ボランティアのみなさまの安全確保の観点から、無観客での開催となりました。
 大会に特別協賛されます三菱電機株式会社様からは、毎回、市内の公立中学校に対して家電製品をご寄贈いただいております。今年は、感染症予防対策支援として、空気清浄機とフェイスシールドが贈られました。
 各中学校におきまして、有効に活用させていただきます。
三菱電機レディース

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ