LED防犯灯を寄贈いただきました

1月26日(火)

LED防犯灯寄附
 埼玉県西部電設協力会から、本市の地域防犯に役立てるため、LED防犯灯8基が寄贈されました。
 埼玉県西部電設協力会は、所沢市・飯能市・狭山市・入間市の電設事業者で構成され、私達の暮らしに欠かすことのできない「電気」のトラブルに、24時間体制で対応いただいているということです。
 昭和53年から本市に寄贈された防犯灯はこれまでに1,200基に上ります。蛍光灯からナトリウム灯、そしてLED灯へと器具は進歩しましたが、いつの時代も変わらず、私たちの足元を照らし安全を見守り続けてくれています。
 寄贈いただきました防犯灯は、飯能駅周辺に設置させていただき防犯に役立てさせていただきます。

飯能青年会議所「2021年度賀詞交歓会」

1月25日(月)

リモート



 公益社団法人飯能青年会議所の「2021年度賀詞交換会」へのご案内をいただき、当日は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響から、インターネットを介してのリモートにより祝辞を述べさせていただきました。

リモート
 新型コロナウイルスの国内での感染確認から一年が過ぎましたが、営業時間の短縮や休業など、影響を受けた事業所や商店の数は計り知れません。
 緊急事態宣言の発出など、様々な制約のある状況下ではありますが、飯能青年会議所の皆さんの若い力を、飯能市・日高市のために存分に発揮していただき、新たに就任された守田新理事長の掲げる「全てのひとを笑顔にする」、そして、「明るい豊かな住みよい社会」が実現されることを期待しています。
リモート

「新型コロナウイルスワクチン接種対策室」を設置しました

1月22日(金)

ワクチン接種対策室
 厚生労働省では、安全で有効な新型コロナウイルスワクチンが供給できるようになった時には、医療従事者等への最初の接種が2月下旬から始められるよう準備を進めているとしており、医療従事者等の後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく予定です。
 本市では、ワクチンが供給された場合に速やかに市民の皆様が接種できるよう準備を進めるため、本日、市保健センター内に「新型コロナウイルスワクチン接種対策室」を設置しました。
 現在、わが国が確保を見込んでいるワクチンについては、2回接種となる見込みです。新型コロナウイルス感染症のワクチンをできるだけ早期に、安心して皆さまに接種していただけるよう準備を進めてまいります。

交通安全表示板「自転車も止まれ」寄贈式

1月20日(水)

交通安全表示板「自転車も止まれ」寄贈式
 自転車を利用する児童に交通安全への意識の高めていただくことを目的として、一般社団法人埼玉県自動車整備振興会飯能支部様から、交通安全表示板「自転車も止まれ」が寄贈されました。
 小回りの効く自転車は、とても手軽で便利な移動手段ではありますが、安全運転やルールを守らなければ、大きな事故に繋がります。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、「密」を避けるために電車やバスなどの公共交通機関を使わずに、自転車通勤を始める人も増えているようです。
 自転車を利用する際は、ルールを守り、事故を起こさない、事故に遭わない安全な運転に努めていただくとともに、「自転車も止まれ」の表示のある通学路などでは、より一層の注意をお願いいたします。
交通安全表示板

不要不急の外出自粛等のお願い

1月18日(月)

コロナ啓発チラシ



 今月7日の国の緊急事態宣言から10日が過ぎましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大は止まる気配を見せず感染者数は高止まりを示しています。
 1月に入ってからは、若い世代での感染が目立ち、そこから家庭内に感染が広がるケースが多く報告されています。

コロナ啓発
 人の動きや流れを抑制することで、感染リスクを低下させ、減少に転じることに繋がります。
 本市では埼玉県と合同により、2月7日(日)までの間の外出自粛等をお願いする街頭啓発を、飯能駅で実施しました。
 飯能駅を利用される方の数は普段の週末程多くなく、「緊急事態宣言」による「不要不急の外出の自粛」、「特に午後8時以降の不要不急の外出の自粛」、「県境をまたぐ移動の自粛」にご協力いただいていることがうかがえました。
コロナ啓発


 家で過ごす時間も増え、不自由な生活を送られていることと存じますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めを掛け、一日も早い日常を取り戻すために、皆さまのご協力を宜しくお願いいたします。

コロナ啓発チラシ

「移動販売車」山間地域等で活躍中!

1月15日(金)

移動販売


 

 セブン・イレブン日高下川崎店のご協力により、移動販売車が食料品や日用雑貨などを積んで山間地域や買い物が困難な地域などへ伺っています。本日、私も中藤・中沢方面で販売を行う移動販売車に立ち寄らせていただきました。

移動販売
 セブンイレブンオリジナルの音楽が流れると、引き寄せられるように買い物客が集まります。パンやおにぎり、冷凍食品、デザートから温かいお惣菜まで並んだ販売車を前に両手いっぱいの商品を持ち、皆さんが楽しそうに買い物をされる姿がほほえましく感じられました。
 品数も多く、普段私たちが利用するコンビニエンスストアに並ぶ同じ商品ではありますが、何故かワクワクしてたくさん買いたくなります。
 ぜひ、皆様に活用していただきたいと思っております。
移動販売

   【今月の予定】
    1月21日(木) 11:00~13:00  名栗・原市場コース(毎月第1・3木曜日)
    1月22日(金) 11:00~13:10  吾野コース(第2・4金曜日)
    1月27日(水) 13:40~15:45  精明・中山コース(毎月第2・4水曜日)
    ※問い合わせは、飯能市社会福祉協議会(070-7792-2450)へお願いいたします。

「緊急事態宣言」が発出されました

1月8日(金)

市長メッセージ
本市では、昨年12月から新型コロナウイルスの感染者が高齢者を中心に急速に増加し、1月7日には、これまでの感染者数が141人に上り、感染の拡大が止まらない極めて厳しい状況にあります。
 1月7日、国においては新型コロナウイルスの感染が拡大している東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県を対象に「緊急事態宣言」を発出しました。
 また、埼玉県においては「緊急事態措置」として、県民に対して1月8日から2月7日までの間の「不要不急の外出及び県境をまたぐ移動の自粛」、特に、「午後8時以降の不要不急の夜間外出の自粛」、飲食店、遊興施設等に対して1月12日から2月7日までの間「営業時間を午後8時まで」とすることなどを要請しました。
 人の往来や動きを抑制することは、感染へのリスクを低下させ、感染拡大を抑制することに繋がります。
 市民の皆様におかれましては、これまでも「マスクの着用」や「3密の回避」などの基本的な感染防止対策に努めていただいておりますが、新型コロナウイルス感染症からご自身を守り、身近な人を守るためにも、引き続き感染防止対策に努めていただき、国、県からの要請にご協力くださいますようお願いいたします。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めを掛け、医療崩壊を防ぎ、一日も早い日常を取り戻すために、市民の皆様、事業者の皆様のご理解とご協力を、宜しくお願いいたします。

令和3年 仕事始め

1月4日(月)

市長訓示
 全ての職員がマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保つなど、例年とは異なる仕事始めとなりました。
 コロナ禍だからやむ得ない、仕方がないという言葉をよく耳にします。しかし、立ち止まってしまったら、それは市民サービスや市政の後退を招くことに繋がります。市政を前進させ、このような状況下だからこそ、市独自の考え、方向性をもって行動を起こさなくてはなりません。
 これまでも、常に攻めの市政(姿勢)をモットーに市政運営を行ってまいりました。そしてこれからもこのスタイルは決して変わることはありません。市民の皆様に元気をお届けし、市民の皆様一人の漏れのない幸せのため、今年も全身全霊を捧げ市政運営にあたってまいります。
 市民の皆様の限りないご支援とご協力をお願い申し上げます。

令和3年 幕開け

1月1日(金)

日の出

 あけましておめでとうございます。
 市民の皆様には、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 また、旧年中は市政運営に特段のご理解とご協力を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。
 昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、あらゆる場面で制約の多い年となりました。12月に入ると感染者が増加し、防災無線を通じて本市からの緊急のお願いをさせていただいております。市民の皆様には、感染防止へのご理解とご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。
 新型コロナウイルスの一日も早い収束を願いますとともに、大きな影響を受けている市内の店舗を応援いただき、事業の継続、社会経済活動の維持にもご協力くださいますようお願いいたします。
 令和3年が市民の皆様にとりましてより充実した年となりますことを祈念いたします。

この記事に関するお問い合わせ秘書室
電話番号:042-973-2603 ファクス番号:042-974-0311

お問い合わせ