飯能市住宅リフォーム事業補助制度について

更新日:2024年05月27日

ページID : 700

飯能市民の方が、市内事業者による住宅の増・改築等リフォーム工事を行う場合に、その費用の一部を補助します。

  • 申請受付期間中に着工し、支払いまで完了する工事が対象となります。
  • 工事が完了し、支払いまで終わったに申請してください。
  • 予算に達し次第、受付を終了します。

申請受付期間

4月1日から翌2月末日まで

申込方法

4月1日以降に工事に着手し、お支払いも含め工事完了後、市役所本庁舎別館1階産業振興課窓口へ下記書類を提出してください。(郵送可)

  1. 飯能市住宅リフォーム補助金交付申請書兼請求書(PDFファイル:62.4KB)
  2. 同意書(PDFファイル:60.3KB)
  3. 工事前の住宅全体写真
  4. 補助対象工事部分の施工前の写真及び完了後の写真
  5. 補助対象工事の内訳書及び領収書の写し
  6. 請求書(PDFファイル:110.7KB)
    (振込先金融機関欄には申請者ご本人の名義をご記入ください。)
  7. 振込先口座の通帳の写し
    (通帳見開きページに記載されている【銀行名、支店名、預金科目、口座番号、口座名義】が確認できるもの。)

補助対象者

  • 補助対象住宅(マンション含む)の所有者であって、リフォーム工事を完了した方
  • 市税(国民健康保険税を含む)に未納がない方
  • 同一年度において、飯能市多世代同居・近居住宅リフォーム事業補助金又は飯能市多世代同居・近居住宅取得事業補助金の交付を受けていない方

補助対象住宅

  • 市内に存する建築後5年以上が経過している住宅又はマンション
  • 住宅の所有者が居住する住宅又はマンション
  • マンションの場合は、個人の専有部分の工事であること

補助対象工事(下記の条件すべてに該当するリフォーム工事)

補助金額

補助対象工事費(税抜)の5パーセントの額とし、3万円が限度額となります。

(注意)千円未満は切捨となります。

住宅リフォームや住宅取得に対する他の補助金制度を紹介します。(飯能市住宅リフォーム補助金との併用はできません)

  • 国等の補助金を使う場合は、当該補助金の補助対象となる工事部分に対して、飯能市住宅リフォーム補助金を併用することはできません。ご不明な点がございましたらお問合せください。

屋根の点検をはじめとする飛び込み営業にご注意!!

事例

突然近所で屋根工事をしているという業者が来訪して、「屋根が浮いているところがある。」「無料で点検する。」などというので点検を依頼した。業者が屋根に上ったあと、撮った写真を見せられ「このままでは雨漏りする。早く修理したほうがいい。」と言われ、その場で工事を依頼してしまった。さらに「雨どいと外壁も直さないと防水効果が発揮できない」等不安をあおられ、不必要な追加工事を契約させられた。

困ったときは、消費生活センター等にご相談ください。(消費者ホットライン188)

この記事に関するお問い合わせ先

環境経済部 産業振興課
電話番号:042-986-5083 ファクス番号:042-974-6737
お問い合わせフォーム